カシオ、冬のアウトドア仕様となった防水対応 Android Wear 搭載スマートウオッチ「PRO TREK Smart (WSD-F20X)」発表、11月17日発売

Filed in Develop - 開発 , Topic - トピック 0 comments

Casio PRO TREK Smart WSD-F20X

カシオ、同社として3機種目となる Android Wear 搭載スマートウォッチ「PRO TREK Smart WSD-F20X」発表。冬の登山やスキーなどアウトドアで活躍できる仕様となっており、防水防塵や耐衝撃に対応。価格56,000円(税別)にて2017年11月17日より発売。

■ スペック

  • 型番: WSD-F20X-BK
  • OS: Android Wear 2.0
  • サイズ: 61.7×57.7×15.3mm
  • 重量: 94g (ソフトウレタンバンド装着時) / 90g (クロスバンド装着時)
  • ディスプレイ: 1.32インチ 2層構造 カラーとモノクロのデュアルレイヤー液晶 タッチパネル
  • 解像度: 320×300
  • 通信: WiFi 802.11 b/g/n, Blueooth 4.1
  • センサー: GPS、圧力(気圧/高度)センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、方位(磁気)センサー
  • バッテリー: Li-Ion 容量不明 (1日以上の連続使用が可能)
  • 筐体カラー: ブラック
  • その他: マイク・バイブレーション内蔵、50m (5気圧/5ATM) 防水、防塵、耐衝撃 (MIL-STD-810) 対応

※ ソフトウレタンバンドとクロスバンドの2種類のバンドが付属。

カシオ、Android Wear 搭載 PRO TREK Smart (プロトレックスマート) シリーズとして2017年4月21日に発売された「PRO TREK Smart (WSD-F20)」をベースに、冬のアウトド化向けに仕様変更したスマートウォッチ「PRO TREK Smart (WSD-F20X)」発表。本体やベゼルにはブラックを採用し、アクセントカラーとして PRO TREK のブランドカラーであるグリーンを時字に施しています。

「PRO TREK Smart (WSD-F20X)」は、シーン・用途に応じて使い分けができるようバンド部分の取り外しを可能にしました。冬の厚手のウェアの上からも着けられるロングタイプのクロスバンド、軽装のアクティビティで使える通常の長さのウレタンバンドの2種類のバンドを同梱しています。

ベースモデル同様、低消費電力 GPS やオフラインで使えるカラー地図機能を搭載。事前に地図をダウンロードすれば、ウオッチ単体で現在地を確認できます。「アクティビティ」アプリのスノーモードを使えば、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツにおける軌跡やトップスピードなどが表示でき、1本1本の滑走をより楽しめます。

新たにウオッチフェイスに新デザイン「プレイス」を追加。Google カレンダーに登録された予定と場所をウオッチ上で選択すると、アナログ時計表示の背景にその予定の行き先の地図を表示します。現在地の表示も可能です。

12時位置と6時位置のインダイアルは、Android Wear のコンプリケーション機能に対応しており、高度や気圧、電池残量、Google 製やサードパーティ製アプリのデータなど、表示する情報をカスタマイズできます。「プレイス」は、『WSD-F20X』発売と同時にリリースする予定で、既存の「WSD-F20/F20S」にもインストールが可能。

PRO TREK Smart WSD-F20X – カシオ
http://wsd.casio.com/jp/ja/wsd-f20/products/




Posted by GPad   @   2017年10月4日 水曜日 0 comments
Tags : , , , ,

0 Comments

No comments yet. Be the first to leave a comment !
Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»