グーグル、IoT (Internet of Things) 向け Android プラットフォーム「Android Things」発表、開発者向けプレビュー版提供開始

Filed in Develop - 開発 , Topic - トピック 0 comments

Google Android Things

グーグル、モノインターネット IoT (Internet of Things) 向けとなる Android プラットフォーム「Android Things」を2016年12月13日(米国日時)に発表。Qualcomm Snapdragon をサポート、開発者向けプレビュー版の提供開始。

■ IoT 向け Android プラットフォーム
グーグル、「Android Things」は Android ベースの OS (プラットフォーム) で、スマートフォンやタブレットなどスペックのととのったものではない、IoT 製品向けとしています。接続性やセキュリティを保ちつつ機能を最小限に抑えることで、通常では利用できない低スペックな端末 IoT 機器への導入が可能。

■ Brillo 進化正式版
2015年5月に発表されていたモノインターネット IoT (Internet of Things) 向けとなる Android プラットフォーム「Brillo」の正式版となっており、今後グーグルでは「Android Things」が IoT 向けの Android OS となります。

■ Weave とも連携
「Android Things」は「Brillo」と同様に IoT 端末と機器や通信をつなげるコミュニケーションレイヤー「WEAVE」とも連携。マルチプラットフォームに対応することで色々な機器との接続や通信が可能となります。開発者向けプレビュー版の「Android Things」が発表日と同日に公開。

■ IoT とは
モノのインターネット IoT (Internet of Things) は識別可能な「もの」がインターネット/クラウドに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組みの事です。一般的にはスマートホーム等に使われる家電や、自動車などネットや通信が可能な個体を示します。

■ SoC Snapdragon サポート
「Android Things」の正式発表に合わせて、大手半導体メーカー Qualcomm は同事業での提携を発表。今後「Android Things」に対応した Snapdragon シリーズのプロセッサ(チップセット)が2017年以降に提供されます。

Android Things – Google
https://developer.android.com/things/

Android Things and Weave – Google
https://android-developers.googleblog.com/

Press Release – Qualcomm
https://www.qualcomm.com/news/releases/




Posted by GPad   @   2016年12月14日 水曜日 0 comments
Tags : , ,

0 Comments

No comments yet. Be the first to leave a comment !
Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»