ジャパンディスプレイ、スマートフォン向け4辺狭額縁デザインの6インチ液晶ディスプレイ「Full Active」開発、6月より量産開始

Filed in Develop - 開発 8 comments

JDI four side narrow frame design 6inch Display Full Active

ジャパンディスプレイ (JDI) は、4辺のベゼル(額縁)デザインのスリム化を実現した、画面アスペクト比 18:9 フルスクリーンスマートフォン用の6インチディスプレイ「Full Active (フルアクティブ)」開発、2017年6月より量産開始したと発表。

■ 主な仕様

  • 画面サイズ: 6インチ (型)
  • 解像度 (画素数): 1080(横) × RGB × 2160(縦)
  • 画面アスペクト比: 18:9

「Full Active」は高密度な配線レイアウト・加工・実装の技術を追求し、従来、幅広であった画面下部のベゼルを大幅に縮小。この新しいモジュール構造は、表示画面とほぼ同じサイズの商品デザインが可能となるため、ユーザーインターフェイスの自由度を拡げ、新たな商品価値の創造に貢献します。

また、当社独自の技術で、タッチセンサー機能をディスプレイに内蔵した第2世代 Pixel Eyes 製品で、更なる狭額縁化や黒の表現力向上、濡れた手で触れても誤動作しにくいという特長も兼ね備えています。製品は2017年6月より量産開始。Android OS などを搭載したスマートフォンに採用されます。

4辺フリー FULL ACTIVE 量産開始 – JDI
http://www.j-display.com/news/2017/20170619.html




Posted by GPad   @   2017年6月19日 月曜日 8 comments
Tags : ,

関連記事 - Related Posts

8 Comments

Comments
6月 19, 2017
15:50
#1 たかぴー :

本格的に18:9ディスプレイ搭載のスマートフォンが増えそうですね。
Xperiaとかもそうなるのかな??

6月 19, 2017
17:14
#2 匿名 :

SONYの社長は縦長ディスプレイ搭載については否定的だけどね。
それに今はジャパンディスプレイから供給受けてないでしょ?

6月 19, 2017
18:05
#3 匿名 :

6インチでこの解像度って、どれくらい周回遅れなんだか。
日立や自業自得の東芝が離れていってどんどんヤバくなってきたJDI。

6月 19, 2017
21:18
#4 匿名 :

16:9で出せよ。
縦に長い必要ないやろ。

6月 20, 2017
00:58
#5 匿名 :

サムスンやLGが18:9ディスプレイを採用したのは、正解だったってことかな。
iPhoneも縦長になるって話もあるみたいだし、フラッグシップの今後のトレンドになりそう。

6月 20, 2017
12:02
#6 匿名 :

なんで2:1じゃなく18:9って表記するんだろうね

6月 20, 2017
13:14
#7 anonymous :

元々サムスンやLGの端末にはデュアルウインドウ機能があり、その機能を活かすためには現行の16:9では中途半端で活かしきれなかったので、必然と縦長ディスプレイが搭載されたと言う事でしょう。
奇しくもサムスンもLGもディスプレイではリーディングカンパニーでもあります。
7.0からはデュアルウインドウをOSがサポートするようになったので、サムスンやLGは先見の明があったと言う事になります。

6月 20, 2017
13:17
#8 anonymous :

噂ではiOSも11からデュアルウインドウが搭載されると言われています。
次期iPhoneでも縦長ディスプレイが採用されるそうなので、供給元のジャパンディスプレイとしても縦長ディスプレイをアピールしておかないと危機感を感じているのかもしれません。

6様
16:9と対比するための表記かもしれませんね。
それにGalaxy S6(+)のように18.5:9と言うものもありますから。

Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»