ドコモ、耐衝撃や防水対応デュアルカメラ搭載 OLED FullVision 大画面 6インチスマートフォン「V30+ L-01K」発表、2018年1月以降発売

Filed in Phone - 電話 20 comments

NTT docomo V30+ L-01K by LG

NTTドコモ、LG 製 2880×1440 QHD+ 解像度 OLED FullVision Display 採用の大画面6インチスマートフォン「V30+ L-01K」発表。Android 8.0 Oreo デュアルカメラ搭載のハイスペックモデル。春モデルとして2018年1月以降発売予定。

■ スペック

  • OS: Android 8.0 Oreo
  • CPU: Qualcomm Snapdragon 835 (MSM8998) Octa-core 2.45GHz
  • GPU: Adreno 540
  • RAM: 4GB LPDDR4x
  • ROM: 128GB
  • サイズ: 152×75×7.4mm
  • 重量: 158g
  • ディスプレイ: 6インチ LG OLED FullVision マルチタッチ 静電容量式
  • 解像度: 2880×1440 QHD+ (538ppi)
  • カメラ: 16.5MP + 13.1MP (背面 CMOS AF F1.6+F1.9) LED フラッシュ付き 5.1MP(前面 CMOS F2.2)
  • ネットワーク: FDD-LTE(Bands 1, 3, 5, 12, 17, 19, 21) TDD-LTE(Bands 42) W-CDMA(800/850/21000MHz) GSM(850/900/1800/1900MHz)
  • パケット通信: LTE Cat.16, HSPA+, EDGE, GPRS
  • SIM Slot: nanoSIM
  • 通信: WiFi 802.11 a/b/g/n/ac, Bluetooth 5.0
  • センサー: GPS, Gセンサー, 近接センサー, 光センサー, デジタルコンパス, ジャイロスコープ, 指紋センサー, NFC
  • 外部端子: microSD(Max 256GB), USB Type-C, 3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー容量: 3060mAh
  • 筐体カラー: オーロラブラック、クラウドシルバー
  • その他: ワンセグ(フルセグ)、おサイフケータイ、VoLTE HD+、耐衝撃(MIL-810G)、防水(IPX5, IPX8) 防塵(IP6X)、ハイレゾ再生、急速充電 (QuickCharge 3.0) 対応

NTTドコモ、2017年10月18日に開催した新製品発表会にて LG フラグシップスマートフォン「LG V30+」をベースとしたハイスペックスマートフォン「V30+ L-01K」を発表。筐体カラーオーロラブラック (Aurora Black)、クラウドシルバー (Cloud Silver) の2タイプを用意。春モデルとして2018年1月以降より発売予定。

「V30 L-01K」の6インチ画面は OLED FullVision ディスプレイを採用し側面エッジレスな 2880×1440 QHD+ 解像度を実現。アスペクト比 18:9 で流行の縦長仕様です。LG スマートフォンとしては最も画面占有率の高い製品となっています。ドコモ向け仕様でワンセグ(フルセグ)、おサイフケータイ機能に対応。

デンマークのオーディオ・ビジュアルメーカー「BANG & OLFSEN」がモダンな音楽スタイルにマッチさせたブランド「B&O PLAY」が創ったサウンドを採用。ナチュラルでバランスがとれ、洗練された音質を実現。デジタル音源をアナログに変換するD/Aコンバーター (DAC) を4つ搭載したことで、ノイズを50%低減するほか、鮮明な音質を実現。

リア(背面)には「B&O PLAY」のロゴがプリントされ、指紋センサーや1650万画素と広角1310万画素のデュアルカメラを搭載。光学手ブレ補正に対応し深度の高い写真や動画撮影が可能。耐久度にも優れた製品に仕上がっており、IP68 の防水防塵や、MIL-STD-810G 準拠の耐衝撃に対応。ドコモネットワークでは下り最大 788Mbps 上り最大 50Mbps の高速通信や高音質通話 VoLTE HD+ に対応します。

V30+ L-01K – NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/l01k/




Posted by GPad   @   2017年10月18日 水曜日 20 comments
Tags : , , , , , , , , , , ,

20 Comments

Comments
10月 19, 2017
06:32
#1 匿名 :

GALAXY Note 8 より自分には
こちらの方が使いやすいかな… 
…って今のが2年縛りのまだ8ヵ月だけど(笑)

10月 19, 2017
07:26
#2 匿名 :

出たのはいいけど、galaxyと比べて日本で売れると思えないな。
そのgalaxyも売り上げ良いとは言えないだろうけど。

10月 19, 2017
09:50
#3 anonymous :

ドコモ版はグローバル版にあるワイヤレス充電機能がオミットされているようですね。
V20にあったサブディスプレイにアプリのショートカット置く機能はフローティングバーと言うGalaxyにあるエッジパネルみたいに変わりましたね。
せっかくのデュアルカメラもV20と同じく広角と標準カメラの組み合わせなので、Note8のように背景ぼかしと言った撮影機能も搭載されないようです。
バッテリーもやや心許ないので、ちょっと微妙かなと思います。

10月 19, 2017
10:10
#4 anonymous :

よく調べたらバッテリー容量もグローバル版の3300mAhから3060mAhに減らされていますね。
せめてグローバル版のままにして欲しかったですね。

10月 19, 2017
10:29
#5 匿名 :

Anonymousさん
ドコモの最新カタログにて、V30+がおくだけ充電対応と記載されてましたよ。

10月 19, 2017
10:36
#6 anonymous :

5様
情報ありがとうございます。おくだけ充電対応なんですね。
docomoやLGのサイトを見ても筐体の背面に「Qi」の表記も無く、スペック表にもワイヤレス充電の記載が無かったもので。

10月 19, 2017
10:46
#7 匿名 :

Anonymousさん
カタログでは、Galaxy Note8、S8、S8+、V30+の4機種がおくだけ充電対応となってました。
JOJO L-02Kは、カタログには未掲載なので対応するのか不明です。

10月 19, 2017
11:13
#8 匿名 :

そもそも、海外版もQiマークないんじゃない?
iPhoneなんかもそうだけど、auの京セラとかもマークなかったような。

10月 19, 2017
11:57
#9 NTTドクモ :

海外サイトにバッテリーテストが紹介されていました。
V30はSnaprdagon 835を使用し、セカンダリディスプレイを使用しなくなったことでバッテリー持続時間が飛躍的にのびたらしい。
Apple iPhone 8 Plus 10時間35分
LG V30        9時間34分
Apple iPhone 8    8時間37分
Samsung Galaxy S8   8時間22分
Samsung Galaxy Note 8 7時間50分
Google Pixel     7時間45分
LG V20        6時間23分
テレビとおサイフを使わなければ、それなりに…

10月 19, 2017
12:04
#10 anonymous :

7様
ありがとうございます。そこにiPhone 8シリーズ、iPhone Xも加わるとおくだけ充電端末のラインナップはかなり充実しますね。
海外メーカー端末ばかりですが…。

8様
そうですね。
ただ、Galaxy S8(+)のグローバル版にはQiのマークが無いんですが、docomo版、au版にはマークがあります。
京セラ端末でしたら最新のTorqueにQiのマークがありますね。

10月 19, 2017
12:43
#11 匿名 :

海外サイトのバッテリーテストって、海外版V30でのテストでしょ?
それならあてにはならない。

10月 20, 2017
17:03
#12 匿名 :

JOJOスマホはベースのL-01Kから省く機能はないらしいので、L-02KもQiに対応するんだろうね。

10月 20, 2017
19:50
#13 匿名 :

ドコモに聞いたらおくだけ充電には対応してないって言うんだよなぁ。
Note8もドコモのサイトを見るとおくだけ充電ところ「○」じゃなくて非対応を意味する「-」ってなってるし。

10月 20, 2017
21:33
#14 匿名 :

13様
カタログにははっきり対応となってますが、どちらが正解なんでしょう。
聞いた方が間違ってるかもしれませんが、Note8に関してはドコモHPが間違ってるようです。

おくだけ充電ってあれば便利かな程度の機能だから、普段使うにはあってもなくても困るってほどではないんだけどね。ケーブル充電の方が早いし。

10月 21, 2017
18:46
#15 匿名 :

やっぱキャリア版は改悪だな。

10月 22, 2017
19:20
#16 anonymous :

確かにここまでバッテリー容量を減らされるとキャリア版と言うか今のところdocomo版は買いたくないですね。
それともXperia X Performanceの時と同じように、グローバル版と容量は違うがバッテリーは同じものと言うんでしょうか。

10月 22, 2017
19:56
#17 匿名 :

日本仕様追加で、やむを得ずバッテリー容量を削ったということはないのかな?

10月 22, 2017
21:28
#18 anonymous :

17様
それならGalaxyやXperiaなどもそうなると思います。
日本仕様を盛り込むと言ってもしれています。

ただ、docomoはV20 PROの時も中身が同じisai Beatよりバッテリー容量を少なく表記していました。

10月 22, 2017
21:47
#19 匿名 :

発表会前まで実際に発売されるか不確定だったんだし、発売されるだけありがたいと思うべきじゃない?
キャリア端末なんだから、キャリア仕様になるのは仕方ないし、別に改悪とか思わないけどなぁ。

10月 23, 2017
01:08
#20 anonymous :

グローバル版とサイズ、重量がほぼ同じ(若干docomo版の方が厚い)なのにバッテリー容量が削られているのはやはり改悪だと思います。
発売するんならバッテリー容量は重要なファクターだと思います。

Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»