ドコモ、2017年夏モデル世界初 4K HDR 5.5インチディスプレイ採用スマートフォン「Xperia XZ Premium SO-04J」登場、6月16日発売

Filed in Phone - 電話 17 comments

NTT docomo Xperia XZ Premium SO-04J by Sony Mobile

NTTドコモ、2017年夏モデルとして世界初 4K HDR 5.5インチディスプレイを採用したソニーモバイル製エクスペリアスマートフォン「Xperia XZ Premium SO-04J」登場。オクタコアプロセッサ Snapdragon 835 搭載したハイスペックモデル。6月16日発売。

■ スペック

  • OS: Android 7.1 Nougat
  • CPU: Qualcomm Snapdragon 835 (MSM8998) Octa-core 2.45GHz
  • GPU: Adreno 540
  • RAM: 4GB
  • ROM: 64GB
  • サイズ: 156×77×7.9mm
  • 重量: 191g
  • ディスプレイ: 5.5インチ TFT (トリルミナス) 液晶 マルチタッチ 静電容量式 ゴリラガラス5採用
  • 解像度: 3840×2160 4K UHD
  • カメラ: 19MP(背面 Sony Exmor RS Hybrid AF) LED フラッシュ付き 13MP(前面 Sony Exmor RS F2.0)
  • ビデオ: 4K 動画 960fps 超スローモーション撮影対応
  • ネットワーク: FDD-LTE / TDD-LTE / W-CDMA / GSM
  • パケット通信: LTE DL Max 788Mbps / UL 50Mbps , HSPA+, EDGE, GPRS
  • SIM Slot: nanoSIM
  • 通信: WiFi 802.11 a/g/n/ac, Bluetooth 4.2
  • センサー: GPS, Gセンサー, 近接センサー, 光センサー, デジタルコンパス, ジャイロスコープ, 指紋センサー, NFC
  • 外部端子: microSD(Max 256GB), USB Type-C 3.1, 3.5mmオーデオジャック
  • バッテリー: 3230mAh (取外し不可)
  • 筐体カラー: ルミナスクロム、ディープシーブラック
  • その他: ワンセグ(フルセグ)、おサイフケータイ、防水防塵(IP5X/8, IP6X)、ハイレゾ再生、急速充電 QuckCharge 4.0

■ 主な機能、対応サービス

NTTドコモ、世界初 4K HDR の5.5インチディスプレイを採用したソニーモバイル製エクスペリアシリーズとして最上位スマートフォン「Xperia XZ Premium SO-04J」を2017年夏モデルとして5月24日に正式発表。筐体カラーは ルミナスクロム (Luminous Chrome)、ディープシーブラック (Deepsea Black) の2種類で、6月中旬発売予定。

「Xperia XZ Premium SO-04J」は名前にプレミアムが付与された製品で、Qualcomm の最新チップセット Snapdragon 835 (MSM8998) を搭載し、解像度は 3840×2160 4K UHD HDR を実現。モデム X16 搭載することで、LTE 通信は下り最大 788Mbps と、上り最大 50Mbps や CA 4x20MHz に対応します。

外部接続端子では USB3.1 Gen1 に対応しており、従来比(USB2.0)最大10倍となる、最大 5Gbps でデータ転送が可能です。バッテリーにおいては、Qnovo社(米国・カリフォルニア州)のバッテリー制御技術を引き続き搭載。急速充電技術 Quick Charge 4.0 にも対応。

リア(背面)に1900万画素のソニー製イメージセンサー Exmor RS for Mobile を搭載。「Motion Eye (モーションアイ)」と呼ばれるソニー独自のカメラを採用しており、Predictive Capture(先読み撮影)機能では、被写体の動きを検出すると、自動的に最大4フレーム分の画像をバッファリングし、シャッターが押される直前の画像も記録することで、決定的な瞬間を捉えます。高解像度 4K 動画や、最大 960fps の超スローモーショーン動画撮影が可能。

■ 追加情報 2017年6月12日
夏モデルとして2017年5月24日に正式発表されたエクスペリアシリーズマートフォン「Xperia XZ Premium SO-04J」の発売日決定。当初、6月中旬と案内されていましたが予定通りとなる6月16日(金)より販売が開始されます。

Xperia XZ Premium SO-04J – NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/so04j/




Posted by GPad   @   2017年6月16日 金曜日 17 comments
Tags : , , , , , , , , , , ,

17 Comments

Comments
5月 24, 2017
16:35
#1 匿名 :

やっぱり4K動画撮影に時間制限はあるのかな?
発熱で停止する過去のような事は…どうなんだろ?

5月 24, 2017
17:09
#2 匿名 :

オワコンぺリア久しぶりのヒット製品か。

5月 24, 2017
19:25
#3 匿名 :

いや、既にXperiaはオワコン。

5月 24, 2017
19:56
#4 匿名 :

グランフロント大阪で見てきたけど野暮ったい印象だった。
Galaxy見た後だと余計にw
せめて4k表示が常に表示されてればなあ。

5月 24, 2017
20:41
#5 匿名 :

常時4K表示にすると描画にCPUが食われてもっと野暮ったくなるよ。
それに4Kといってもなんちゃって4Kだからね。

5月 24, 2017
21:37
#6 匿名 :

auはなんでこれ出せないんだろう?

5月 24, 2017
22:49
#7 匿名 :

じゃあなんでdocomoはHTCのスマホを出さないんだろう?

それとおんなじじゃね?

5月 25, 2017
00:57
#8 匿名 :

ドコモはフラッグシップとか積極的に扱ってるのにauはいつもUL/ZL2みたいなの安物出してくるからね。
LGのやつも結局au向け廉価仕様。
あとは京セラとかのポンコツ。

5月 25, 2017
02:47
#9 匿名 :

>auはいつもUL/ZL2みたいなの安物出してくるからね。

りゅうちんが聞いたら泣くよ。
でも、その2機種もSONY製。スペックの差異はあるが安物だとはSONYは思って作ってないだろうな。

>LGのやつも結局au向け廉価仕様。

docomoはG2以降そのLGの端末すら扱ってなかったよな。
一部安物ディズニー端末出したり、auでも取り扱ったV20をauよりも遅れてリリースしてるくらいか。

5月 25, 2017
13:11
#10 匿名 :

常時4kはバッテリーのこと考えたら妥当
ただ相変わらずベゼルデカイしなぁ…

5月 25, 2017
14:03
#11 ド素人 :

でもバッテリー外せるって最近のスマホにしては長所になるのではないでしょうか。

5月 26, 2017
01:10
#12 anonymous :

ド素人様
最近のスマホでバッテリー取り外せる機種って殆ど無いような…。
因みにXperia XZ Premiumはバッテリー取り外し不可です。

5月 26, 2017
01:25
#13 Xperia :

>>ド素人さん
過渡期(2013年以前?)ならリチウムバッテリの
製造技術成熟度や電池制御技術面でバッテリは
消耗品って扱いが強かったんで交換OK式が
主流だった気がしますけど(推定)
今は製造も制御もこなれてきてるので
開閉機構を付ける交換OK式は強度や放熱性を
考慮するのが大変なので多くの製品で交換NG式が多いと思います。長期間使用するなら交換OK式はメリットが大きいんですけどね。一応、バッテリは消耗品扱いに変わりはないので。

5月 26, 2017
01:40
#14 匿名 :

Xperia XZ Premiumはdocomoだけの扱いだそうです。

https://www.businessinsider.jp/post-33861

5月 26, 2017
16:26
#15 匿名 :

放熱性を考慮するなら交換式の方が有利。リアカバーを外せばバッテリーを直接冷やせるから。
内蔵式にした大きな原因は安価な不正バッテリーをユーザーが利用しないため。
それと分解などして簡単に改造させないため。

5月 26, 2017
17:00
#16 Xperia :

>>#15 匿名さん

放熱性の考慮と言ったのはあくまで「常識的な」使用に限っての話です。確かに直接冷やせるならそっちの方がいいですけど、メーカもリアカバーを外しっぱなしで利用すると考えていないのでヒートパイプやグラフェンシートを使える非交換式が放熱性を考えたらって事です。まあ交換式もグリス(シート)を塗る様に出来るなら放熱性の差異も小さいですけど自作PCと違って通電部が近いんで実用化しないでしょうね。
確かに不正バッテリが大きいかもですね。エネルギー密度が高いリチウ厶バッテリは少威力の爆弾に転用できなくも無いですからね。実用性皆無ですけど。

5月 26, 2017
17:47
#17 匿名 :

言いたいことはそうじゃない。
内蔵式はバッテリーが熱くなっても内蔵したまま冷えるのを待たないといけない。その間も使う必要があると本体が熱いまま使わないといけない。
交換式なら電源を切ってバッテリーを取り出し予備のバッテリーがあれば交換して継続して使用することもできる。
バッテリーの発熱による他のパーツへのダメージも減らすことが可能。
内蔵式によるメリットは防水防塵にしやすい、部品点数なとによる製造コストが抑えられるってのもある。

Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»