ドコモ、5軸手ブレ補正対応 2300万画素カメラ USB Type-C 採用 5.2インチスマートフォン「Xperia XZ SO-01J」登場、11月2日発売

Filed in Phone - 電話 1 comments

NTT docomo Xperia XZ SO-01J by Sony Mobile

NTTドコモ、2016年冬モデルとしてソニーモバイル製 5.2インチスマートフォン「Xperia XZ SO-01J」登場。Android 6.0 クアッドコアプロセッサ Snapdragon 820 指紋センサー USB Type-C を搭載したハイスペック製品。フルセグ、防水対応で11月2日発売。

■ スペック

  • OS: Android 6.0 Marshmallow
  • CPU: Qualcomm Snapdragon 820 (MSM8996) Quad-core
  • GPU: Adreno 530
  • RAM: 3GB
  • ROM: 32GB
  • サイズ: 146×72×8.1mm
  • 重量: 161g
  • ディスプレイ: 5.2インチ マルチタッチ TRILUMINOS Display for mobile 静電容量式
  • 解像度: 1920×1080 Full-HD
  • カメラ: 23MP(背面 Exmor RS for Mobile F2.0) LED フラッシュ付き 13MP(前面 Exmor RS for Mobile F2.0)
  • ビデオ: 4K HDR 1080p@60fps Full-HD 動画撮影対応
  • ネットワーク: FDD-LTE(Bands 1, 3, 4, 5, 7, 12, 13, 17, 19, 21, 28) TDD-LTE(Bands 38, 40, 41) W-CDMA(800/850/2100MHz) GSM(850/900/1800/1900MHz)
  • パケット通信: LTE Cat.9, HSPA+, EDGE, GPRS
  • SIM Slot: nanoSIM
  • 通信: WiFi 802.11 a/b/g/n/ac, Bluetooth 4.2
  • センサー: GPS, Gセンサー, 近接センサー, 光センサー, デジタルコンパス, NFC, 指紋センサー
  • 外部端子: microSD(Max 256GB), USB Type-C, 3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー: 2900mAh
  • 筐体カラー: ミネラルブラック、プラチナ、フォレストブルー、ディープピンク
  • その他: ワンセグ(フルセグ)、おサイフ、防水(IPX5, IPX8) 防塵(IP6X)、ハイレゾ再生、急速充電 (QuickCharge 3.0) 対応

※ 2017年1月12日より Android 7.0 Nougat へのバージョンアップ提供済み。

■ 2016年冬フラグシップモデル
NTTドコモ、ソニーモバイルが2016年9月にグローバル発表したフラグシップスマートフォン「Xperia XZ SOV34 (エクスペリア エックスゼット エスオーブイサンヨン)」を冬モデルとして発表。11月上旬以降より発売予定。グローバルモデルにはなかった筐体カラーディープピンクを追加し、日本独自のワンセグ(フルセグ)やおサイフケータイに対応。

■ 2300万画素カメラ搭載
メインカメラに高速起動・撮影が可能な有効画素数約2300万画素のCMOSイメージセンサーを搭載。暗いシーンでも高速オートフォーカスが可能。撮りたい瞬間を逃さず、きれいに残せます。目で見たままの自然な色を再現 RGBC-IRセンサーも搭載。

■ 5軸手ブレ補正対応
スマートフォンとしては世界初となる5軸手ブレ補正対応。インテリジェントアクティブモードが3軸から5軸の手ブレ補正に進化。ブレずに撮ることが難しかったマクロ撮影時でも、縦横方向の手ブレを抑えた映像を記録できます。

■ ハイレゾ再生対応
ハイレゾ再生+デジタルノイズキャンセリング。CDを超える高音質なハイレゾ音源の再生と、周囲の騒音をカットするデジタルノイズキャンセリングを両立。クリアで上質な高音質を堪能できます。ハイレゾ・デジタルノイズキャンセリング対応のヘッドホン MDR-NC750(別売)または MDR-NW750(別売)が必要です。

■ シリーズ初 USB Type-C 採用
ソニーモバイル、エクスペリアシリーズのスマートフォンとしては初となる USB Type-C 端子採用。microUSB と異なり、向きを気にせず接続することができます。Qualcomm の急速充電技術 Quick Chage 3.0 Technology に対応。卓上ホルダ(別売)も使用できます。

■ 余談
日本国内では大手通信キャリア3社、NTTドコモ、KDDI au、ソフトバンクが「Xperia XZ」を取扱ます。ソニーモバイル2016年最上位フラグシップ製品を冬モデルとして発売。ソフトバンクがいち早く取扱を正式発表し、KDDI au が続きました。ソフトバンクではキャリアロゴは入っていませんが、ドコモと au モデルにはキャリアロゴが入ります。

■ 追加情報 2016年10月27日
ドコモ、2016年冬モデルとして登場したスマートフォン「Xperia Xperia XZ SO-01J」の発売日決定。当初、11月上旬発売予定と案内されていましたが、11月2日(水)より販売が開始されます。

■ 追加情報 2017年1月12日
Android 7.0 Nougat への OS バージョンアップ提供開始。マルチウィンドウやアプリ利用中の手軽なメッセージへの返信機能追加。ダイヤルと連絡先の刷新も行われます。(詳細

Xperia XZ SO-01J – NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/so01j/




Posted by GPad   @   2016年11月2日 水曜日 1 comments
Tags : , , , , , , , , ,

1 Comments

Comments
11月 2, 2016
14:17
#1 anonymous :

Xperia X Performanceの時はグローバル版とバッテリーは同じなのに容量の表記が日本の仕様に合わせて異なっていました。
しかしXperia XZはグローバル版と全く一緒。つまり日本仕様の実際のバッテリー容量はグローバル版より大きいって事じゃないと辻褄が合わない。

実際はどうなんでしょ?

Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»