LG、デュアルカメラに切り欠けディスプレイ採用アスペクト比 19.5対9 の6.1インチスマートフォン「LG G7 ThinQ, G7+ ThinQ」発表

Filed in Phone - 電話 11 comments

LG G7 ThinQ, G7+ ThinQ

LG、2018年フラグシップモデルとなる6.1インチスマートフォン「LG G7 ThinQ」発表、アスペクト比 19.5:9 切り欠け(ノッチ)ディスプレイ採用。耐衝撃や防水防塵 NFC に対応。RAM ストレージを拡大した上位モデル「LG G7+ ThinQ」も同時発表。

■ スペック

  • OS: Android 8.0 Oreo
  • CPU: Qualcomm Snapdragon 845 (SDM845) Octa-core 2.8GHz
  • GPU: Adreno 630
  • RAM: 4GB LPDDR4x / 6GB LPDDR4x (G7+)
  • ROM: 64GB UFS 2.1 / 128GB UFS 2.1 (G7+)
  • サイズ: 153.2×71.9×7.9mm
  • 重量: 162g
  • ディスプレイ: 6.1インチ FullVision Super Bright Display マルチタッチ 静電容量式 Gorilla Glass 5 採用
  • 解像度: 3120×1440 QHD+ (564ppi)
  • アスペクト比: 19.5:9
  • カメラ: 16MP x2 (背面 Standard Angle F1.9 + Wide Angle F1.6) LED フラッシュ付き 8MP(前面 Wide Angle F1.9)
  • ネットワーク: FDD-LTE / TDD-LTE / W-CDMA / GSM
  • パケット通信: LTE Cat.18, HSPA+, EDGE, GPRS
  • SIM Slot: nanoSIM
  • 通信: WiFi 802.11 a/b/g/n/ac, Bluetooth 5.0
  • センサー: GPS, Gセンサー, 近接センサー, 光センサー, デジタルコンパス, ジャイロスコープ, 指紋センサー, NFC
  • 外部端子: microSD(Max 2TB), USB Type-C 2.0, 3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー: 3000mAh
  • 筐体カラー: ニュープラチナグレイ、ニューオーロラブラック、ニューモロッカンブルー、ラズベリーローズ
  • その他: VoLTE、耐衝撃 (MIL-STD-810G)、防水防塵(IP68)、ハイレゾ再生、ワイヤレス充電 Qi、急速充電 (QuickCharge 3.0) 対応

※ 「LG G7 ThinQ」と「LG G7+ ThinQ」の違いは RAM とストレージのみです。

LG、2018年フラグシップモデルとなる大型6.1インチスマートフォン「LG G7 ThinQ」発表。Android 8.0 Oreo OS に Qualcomm オクタコアプロセッサ(プラットフォーム) Snapdragon 845 を搭載し、耐衝撃や防水防塵にも対応したハイスペック端末です。RAM ストレージが拡張された上位モデルが「LG G7+ ThinQ」として同時発表。筐体カラーはニュープラチナグレイ (New Platinum Gray)、ニューオーロラブラック (New Aurora Black)、ニューモロッカンブルー (New Moroccan Blue)、ラズベリーローズ (Raspberry Rose) の4種類です。

LG として初となる機能やデザインが盛りだくさんなスマートフォンとなっており、フロント(前面)に輝度1000ユニットを搭載した解像度 QHD+ (3120×1440) アスペクト比 19.5:9 ディスプレイを採用。画面上部は切り欠け(ノッチ)仕様で、横長のセカンドスクリーンとしても利用できます。スマートフォンとしては世界初となる「DTS:X」や、Hi-Fi Quad DAC、低音が2倍以上に拡張されたブームボックススピーカーを搭載。ハイレゾや専用のイヤホンを接続せずに最大で7.1チャンネルの立体サウンドを再生可能。

リア(背面)には1600万画素のデュアルカメラを搭載。「AI カメラ」機能を更に機能向上させ、物事を自動的に認識し、画角、明るさ、コントラストなど、最適な画質をお勧めしてくれるモードが従来の8個から19個に増加。被写体をより精巧に区別するため、ユーザーは推薦された画質を選ぶだけで綺麗な写真が撮影可能。同社ブランド製品としては初の「Google Lens (グーグルレンズ)」を搭載することで、カメラを向けるだけで、建物、植物、本などを認識し、関連した情報の検索が可能となっています。

LG G7 ThinQ – LG
http://www.lg.com/us/mobile-phones/g7-thinq




Posted by GPad   @   2018年5月3日 木曜日 11 comments
Tags : , , , , , , , , ,

11 Comments

Comments
5月 4, 2018
00:53
#1 匿名 :

やはり有機ELは諦めたんですね。

5月 4, 2018
10:59
#2 匿名 :

ニューモロッコブルーではなく、ニューモロッカンブルーでは?

5月 4, 2018
12:35
#3 GPad :

匿名 様
ご指摘ありがとうございます。
訂正いたしました。 m(_ _)m

5月 4, 2018
13:18
#4 匿名 :

ちなみにモロッカンブルーとニューモロッカンブルーの違いは艶ありか艶なしだそうです。

5月 4, 2018
19:13
#5 匿名 :

LGもノッチ採用か。v30みたいな方向に行けばいいのに。

5月 5, 2018
01:07
#6 匿名 :

ノッチ横をブラック化する事でノッチを消すことも出来るらしいよ。

5月 5, 2018
11:44
#7 匿名 :

HUAWEIと同じくノッチ部分黒くしたりできるらしいし、今後ノッチ採用メーカーでは流行るかもね。

5月 5, 2018
18:17
#8 匿名 :

次期Android OSであるAndroid Pではネイティブでにノッチディスプレイに対応しているので、今後はどんどん増えていくでしょうね。

5月 5, 2018
20:53
#9 匿名 :

ノッチなんかパクったところでねえ

5月 5, 2018
22:01
#10 匿名 :

サムスンもノッチ採用になるなんて噂もあったような
この機種日本向けモデルが出るなら欲しいけど、どうせでないだろうね

5月 6, 2018
23:33
#11 匿名 :

サムスンの場合はフルディスプレイの特許とノッチの特許両方取ってるから、ノッチを採用するとは限らない。

Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»