オンキヨー、フルバランス駆動回路搭載ハイレゾ対応 5インチ SIM フリースマートフォン「GRANBEAT」登場、2月24日発売

Filed in MusicPlayer - 音楽プレイヤー , Phone - 電話 12 comments

ONKYO and Pioneer GRANBEAT

オンキョー&パイオニア、独自ブランドにて世界初となるフルバランス駆動回路とバランス出力端子を搭載した5インチ Android スマートフォン「GRANBEAT」登場。SIM ロックフリー端末として価格84,800円(税別)にて2017年2月24日発売。

■ スペック

  • 型番: DP-CMX1 (B)
  • OS: Android 6.0 Marshmallow
  • CPU: Qualcomm Qualcomm Snapdragon 650 (MSM8956) Hexa-core 1.8GHz
  • GPU: Adreno 510
  • RAM: 3GB
  • ROM: 128GB
  • サイズ: 142.3×72×11.9mm
  • 重量: 234g
  • ディスプレイ: 5インチ IPS 液晶 マルチタッチ 静電容量式 ゴリラガラス3採用
  • 解像度: 1920×1080 Full-HD
  • カメラ: 16MP(背面 Sony IMX298 Exmor RS F2.0) LED フラッシュ付き 8MP(前面 CMOS F2.2)
  • ビデオ: 4K 動画撮影対応
  • ネットワーク: FDD-LTE(Bands 1, 3, 7, 8, 19, 16) W-CDMA(Bands 1, 5, 6, 8, 19) GSM(850/900/1800/1900MHz)
  • パケット通信: LTE Cat.6, HSPA+, EDGE, GPRS
  • SIM Slot: nanoSIM x2 (Dual-SIM)
  • 通信: WiFi 802.11 a/b/g/n/ac, Bluetooth 4.1
  • センサー: GPS, Gセンサー, 近接センサー, 光センサー, デジタルコンパス, ジャイロスコープ
  • 外部端子: microSD(Max 256GB), microUSB, 3.5mm + 2.5mm ヘッドホンジャック
  • バッテリー容量: 3000mAh
  • 筐体カラー: ブラック
  • その他: ロータリーエンコーダ式ボリュームノブ搭載、ハイレゾ再生、急速充電 (QuickCharge 3.0)、SIM デュアルスタンバイ対応、SIM ロックフリー

■ オンキヨー独自ブランドスマートフォン
「GRANBEAT (グランビート)」はフルバランス回路設計に加え、業界最高水準の DAC とアンプの搭載により、ハイレゾ音源 (DSD/MQA/FLAC など)だけでなく、CD リッピング音源(WAV)、圧縮音源(MP3/AAC など)での高音質再生を実現するとともに、音楽ストリーミングや動画、ラジオ、ゲームなどのサードパーティーアプリの“24bit パス”に対応しており、アプリで楽曲を楽しむ場合でも、より高音質に楽しめます。

■ 高音質再生を実現するさまざまな仕様
スマートフォンとしては世界初のフルバランス駆動回路と 2.5 ㎜/4 極バランス出力端子を搭載し、2 つのバランス駆動(A.C.G モード/BTL モード)を実現。音質を最優先にするため、Android 基板とオーディオ専用基板を完全にセパレートし、基板内でも役割ごとにブロック化を徹底することでクリーンな信号伝達を実現した基板設計。ESS 社製 DAC ES9018C2M に加え、同社ヘッドホンアンプ 9601K のセット 2 基を、高音質再生に理想的なシンメトリーに配置する回路設計を実現。

■ Android OS 採用の SIM フリースマホ
OS に Android 6.0 (Marshmallow)を採用し、Qualcomm 社製 MSM8956 Hexa-Core(1.8G + 1.4G)搭載。同時待ち受け可能な Dual nano SIM スロットを装備 (SIM1: 4G LTE/3G 対応、SIM2: 3G/2G 対応)で、初期設定が簡単な、楽天モバイルやイオンモバイルをはじめとした APN (Access Point Name)設定に対応。最大 256GB 拡張可能な microSD カードスロット1基を Dual SIM スロットとは別に単独スロットとして装備しており、内蔵ストレージと合わせて最大 384GB の大容量を実装可能。

■ 価格、発売日
2017年2月24日発売(当初、28日発売予定とされていましたが早まりました。)希望小売価格はオープン価格とされていますが84,800円(税別)で販売が行われます。現時点で、オンキヨーが運営する直販 ONKYO Direct ショップの他に、MVNO 事業者の楽天モバイルが取扱を発表しています。

ハイレゾスマートフォン「DP-CMX1」 – ONKYO
http://www.jp.onkyo.com/news/newproducts/audio/dp_cmx1/




Posted by GPad   @   2017年2月24日 金曜日 12 comments
Tags : , , , , , , ,

12 Comments

Comments
1月 26, 2017
16:25
#1 匿名 :

この価格で勝負できると思ったのかな?

1月 26, 2017
17:13
#2 匿名 :

DAC+アンプ内蔵なので価格は妥当なレベル
製品コンセプトからして普通のスマホ市場は最初から眼中にない
一番の懸念は富士通が絡んでるということ

1月 26, 2017
17:28
#3 匿名 :

何故か日本通信のVAIOPhoneを思い出した

1月 26, 2017
17:44
#4 匿名 :

価格はこんなもんだろ
コイツに限っては問題は音質

1月 26, 2017
17:59
#5 匿名 :

これ買う層は10万クラスのイヤホンだのヘッドホンだの使ってるだろうし

1月 26, 2017
18:43
#6 匿名 :

DP-X1から買い替えようかな。
もうちょい値段上げてもいいからスマホとしてのスペックもハイスペックにしてほしかった。

1月 26, 2017
20:53
#7 匿名 :

いっそsnapdragon820辺りぶち込んで貰いたかった気がしないでもない。間違い無く10万↑コースだが。

1月 27, 2017
06:11
#8 匿名 :

スピーカーはあくまでオマケなのね。

1月 27, 2017
17:18
#9 匿名 :

スマートフォンで実績もないメーカーの端末で、しかもこの価格で勝負しても実際そこに価値を見出だす事が出来るかどうか。
VAIO Phoneやエヴァスマートフォンの二の舞にならなきゃ良いけど。

1月 27, 2017
19:57
#10 匿名 :

ブランド名だけのVAIOやデザインだけのエヴァとは違うでしょ
一応世界最高峰(のはず)の音楽再生機能あるんだし値段は妥当かと
7、8万の高級ウォークマン買う層くらいしか買わないと思うけど

2月 24, 2017
07:35
#11 匿名 :

650ってのがいいな、かなりいいプロダクトでは?

2月 25, 2017
12:26
#12 匿名 :

omoi

Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»