サムスン、デュアルカメラ搭載 6.2インチ2018年フラグシップギャラクシースマートフォン「Galaxy S9+」発表、3月16日以降発売

Filed in Phone - 電話 0 comments

Samsung Galaxy S9+ (Plus)

サムスン、2018年フラグシップモデルとなるデュアルカメラを搭載した6.2インチスマートフォン「Galaxy S9+」発表。新機能 AR Emoji やスーパースローモーションに対応し、レンズ絞りが2段階に変更可能。2018年3月16日よりグローバル販売開始。日本でも発売予定。

■ スペック

  • 型番: SM-G965
  • OS: Android 8.0 Oreo
  • CPU: Qualcomm Snapdragon 845 (SDM845) or Samsung Exynos 9 (Exynos 9810)
  • GPU: Adreno 630 or ARM Mali-G72 MP18
  • RAM: 6GB
  • ROM: 64GB or 128GB or 256GB
  • サイズ: 158.1×73.8×8.5mm
  • 重量: 189g
  • ディスプレイ: 6.2インチ Curved Super AMOLED マルチタッチ 静電容量式
  • アスペクト比: 18.5:9
  • 解像度: 2960×1440 Quad HD+ (529ppi)
  • カメラ: 12MP x2 (背面 Super Speed Dual Pixel OIS F1.5/F2.4) LED フラッシュ付き 8MP(前面 CMOS F1.7)
  • ビデオ: 4K, 720p@480fps スーパースローモーション撮影対応
  • ネットワーク: FDD-LTE / TDD-LTE / W-CDMA / GSM
  • パケット通信: LTE Cat.18, HSPA+, EDGE, GPRS
  • SIM Slot: nanoSIM (Single) or nanoSIM x2 (Dual-SIM)
  • 通信: WiFi 802.11 a/b/g/n/ac, Bluetooth 5.0
  • センサー: GPS, 近接センサー, 光センサー, デジタルコンパス, ジャイロスコープ, ホールセンサー, 気圧計, HR センサー, 虹彩センサー, 指紋センサー, NFC
  • 外部端子: microSD(Max 400GB), USB Type-C, 3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー: 3500mAh (取外し不可)
  • 筐体カラー: ミッドナイトブラック、チタングレー、コーラル・ブルー、ライラックパープル
  • その他: AI UI Bixdy 搭載、VoLTE、防水防塵 (IP68)、急速充電、虹彩認証、ハイレゾ再生対応

※ 販売される地域により搭載チップセット (SoC) が異なります。
※ SIM スロットはシングルとデュアルモデルが用意されています。
※ Dual-SIM モデルはスロットが片方 microSD カードと共用の Hybrid-SIM 仕様です。


※ 左: 5.8インチ Galaxy S9 / 右: 6.2インチ Galaxy S9+

サムスン、毎年スペイン・バルセロナにて開催されるモバイル見本市 MWC 2018 に合わせて2018年2月25日(日本日時では26日)に同社ギャラクシーシリーズのフラグシップスマートフォン「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」を正式発表。筐体カラーはミッドナイトブラック (Midnight Black)、チタングレイ (Titanium Gray)、コーラル・ブルー (Coral Blue)、ライラックパープル (Lilac Purple) の4種類が用意され2018年3月16日よりグローバル販売が開始されます。日本でも発売予定。

「Galaxy S9」の画面サイズは5.8インチでアスペクト比は 18.5:9 になりベゼル(額縁)面が非常に少ない画面占有率の高い製品に仕上がっています。「Galaxy S9」の大型の上位モデルとなる6.2インチスマートフォン「Galaxy S9+」も同時に発表。どちらの製品も最新チップセット Qualcomm Snapdragon 845 (SDM845) または Samsung Exynos 9 (Exynos 9810) を搭載します。

「Snapdragon 845」は Samsung の 10nm LPP プロセスを採用。CPU Kryo 385 は ARM Cortex-A75 と A55 をベースに新設計されたセミカスタムデザインの 64bit 対応プロセッサとなっています。CPU キャッシュ階層は L1 64KB + 64KB L2 256K L3 2MB を搭載。「Exynos 9 (9810)」の特徴として、AI 演算機能を強化し、ディープランニング(深層学習)により画像処理(認識)などを高速に行えます。これにより、3D でのユーザーフェイス(顔)スキャンや暗い所や動きのある状態でも顔の認識ができるとしています。

「Galaxy S9」シリーズの一番の特徴(強化ポイント)としてレンズの絞りを F1.5 または F2.4 の2段階に切替えられるデュアルあパッチャー (Dual Aperture) 機能を搭載。機械的に絞りが変更できることで、明るい所から暗い所まで環境に適した撮影が可能となります。また、0.2秒間を6秒に引き伸ばして撮影できる 960fps のスーパースローモーション (Super Slow-mo) 撮影に対応。リア(背面)のカメラ画素数は1200万画素ですが光学手ブレ補正に対応します。「Galaxy S9+」は標準と望遠のデュアルカメラを搭載。

カメラ以外の大きな新機能として、アップル社のフラグシップスマートフォン「iPhone X」に搭載されていたアニメ絵文字に似た「AR Emoji (絵文字)」を搭載。AR Emoji は、データベース機械学習アルゴリズムを使用して、ユーザーの 2D 画像を分析し100以上の顔面特徴をマッピングし 3D モデルを作成します。標準 AGIF ファイル形式を使用するため、ユーザーはほとんどのサードパーティのメッセージングプラットフォームで AR Emoji を共有できます。

その他、X20 モデムを搭載し下り最大 1.2Gbps の LTE Cat.18 通信や VoLTE に対応。SIM スロットは nanoSIM でシングルとデュアルモデルが用意されています。デュアル SIM モデルは SIM スロットの片方が microSD と共用となる Hybrid-SIM 仕様です。センサー類も多数搭載し、虹彩認証 (Iris) や指紋センサー、NFC などが利用できます。IP68 の防水防塵や急速充電にも対応。

前作「Galaxy S8」と同様に、人工知能 (AI) を搭載した同社として初となる独自ユーザーインターフェース音声アシスタント機能「Bixby (ビックスビー)」搭載。既存の音声アシスタントとは根本的に機能が異なると自負しており「Bixby」に対応したアプリであれば、操作代行などほぼ全ての機能をサポート。クラウド型の音声アシスタントプログラムなので、音声入力に対応しインターネットに接続できる端末であれば利用可能。

Galaxy S9 and S9+ – Samasung
https://news.samsung.com/global/




Posted by GPad   @   2018年2月26日 月曜日 0 comments
Tags : , , , , , , , ,

0 Comments

No comments yet. Be the first to leave a comment !
Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»