Snail Mobile、Android 搭載のポータブルゲーム機型スマートフォン「W3D」登場、価格400ドル(約48,000円)で9月29日発売

Filed in Phone - 電話 1 comments

Snail Mobile W3D Gaming Phone

中国 Snail Games 運営の通信プロバイダー Snail Mobile、Android 搭載ゲーミングスマートフォン「W3D」登場。5.5インチ画面にアナログスティックや物理ボタンを備えます。2015年9月29日より価格400ドル(約48,000円)で発売予定、プレオーダー受付中。

■ スペック

  • OS: Android 4.4 KitKat
  • CPU: MediaTek MT6595 Qcta-core (Cortex-A17 2.2GHz x4 + Cortex-A7 x4 1.7GHz) 2GHz
  • GPU: PowerVR S6200 (Quad-core 600MHz)
  • RAM: 2GB
  • ROM: 16GB
  • サイズ: 未公開
  • 重量: 未公開
  • ディスプレイ: 5.5インチ Huge LCD マルチタッチ 静電容量式
  • 解像度: 1920×1080 Full-HD
  • カメラ: 13MP(背面 CMOS) LED フラッシュ付き 5MP(前面 CMOS)
  • ネットワーク: LTE / W-CDMA / GSM
  • パケット通信: LTE, HSPA, EDGE, GPRS
  • SIM Slot: Dual-SIM
  • 通信: Wi-Fi / Bluetooth
  • センサー: GPS, Gセンサー, 近接センサー, 光センサー
  • 外部端子: microSD(Max 64GB), microUSB x2, 3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー: 4200mAh
  • その他: 裸眼 3D 表示、アイトラッキング機能、アナログスティック、物理操作ボタン搭載

中国メーカー Snail Games (游戏蜗牛) の傘下として運営されている通信プロバイダー Snail Mobile、同社として初となる携帯ゲーム機型のスマートフォン「W3D」登場。製品自体は2015年1月に開催された CES 2015 にて参考出品されています。「W3D」は9月29日より出荷予定。米国アマゾンにて価格400ドル(約48,000円)にてプレオーダーが開始されています。

特徴として、5.5インチディスプレイは裸眼 3D 表示に対応。前面カメラはアイトラッキング機能を備えています。目の動きを読み取ることでよりリアルな 3D 表示が可能。その他、マイクロ USB 端子を2つと、アナログスティックや物理ボタンを備えることで快適にゲーム操作ができます。

Snail は中国メーカーですが、Snail Games USA を運営し米国と南米向けにサービスを提供。Woniu.com というゲームポータルサイトを主軸に、アイテム課金をベースとしたオンラインゲームや、多人数大型オンラインゲーム(MMO)、リアルタイム戦略(RTS)、カジュアルゲームまで幅広く揃えます。登録されているアカウント数は7000万を超える大規模なゲーム会社です。

W3D – Snail Mobile
http://mobile.snail.com/en/w3d.html




Posted by GPad   @   2015年6月19日 金曜日 1 comments
Tags : , , , , , ,

1 Comments

Comments
6月 19, 2015
23:38
#1 名無し :

これは売れないと予測。値段が高い。

Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»