ソニーモバイル、2017年モデルとなる型番「G3112」と「G3121」のミッドレンジモデルエクスペリアスマートフォン準備中(更新)

Filed in Phone - 電話 6 comments

Sony Mobile Xperia 2017 models G3112 and G3121

ソニーモバイル、型番「G3112」と「G3121」とされる2017年モデルとなるスマートフォンを準備中。ロシア(ユーラシア経済委員会)のウェブサイトに型番が登場。スペックに関しては一切不明ですが「Xperia XA」の後継機になる可能性。(情報更新)

■ スペック

  • 型番: G3112 / G3121
  • コードネーム: Hinoki
  • OS: Android 7.0 Nougat
  • CPU: MediaTek Helio P20 (MT6757 / Cortex-A53 2.3GHz x8) Octa-core
  • GPU: Mali-T880 MP2
  • ディスプレイ: 5インチ
  • 解像度: 1280×720 HD
  • カメラ: 23MP or 16MP (背面) LED フラッシュ付き 8MP(前面)

※ スペック情報は公式のものではありません。変更されたり誤りの場合もあります。

ユーラシア経済委員会とされるウェブサイトにて、ソニーモバイルの未発表スマートフォンとなる型番「G3112」と「G3121」の情報が確認されてました。型番から2017年モデルのエクスペリアスマートフォンになるとみられています。

「G3112」と「G3121」の型番は、2016年に発売された「Xperia XA」の型番「F3111 / F3112 / F3113 / F3115 / F3116」と同じ系統となっています。このことから「Xperia XA2」などの後継機または、派生モデルとなるミッドレンジスマートフォンになる可能性が高そうです。

ソニーモバイルのメーカー型番は、「F」が2016年モデルです。2017年モデルは「G」となります。「G31xx」とした製品は同一のもので、対応ネットワークの異なるモデルが幾つか用意される見通しです。2017年、早々に同社の新型スマートフォンが登場しそうです。

■ 追加情報 2017年1月15日
スペック情報更新。ソニーモバイルの未発表製品、型番「G3112」と「G3121」の UAProf 情報が確認され、搭載される OS やプロセッサーなどの情報が判明しています。Android 7.0 Nougat OS や 64bit 対応オクタコアプロセッサ MediaTek Helio P20 を搭載する可能性。ミッドレンジ製品の可能性がさらに高まっています。

■ 追加情報 2017年1月30日

ソニーモバイルの未発表プロトタイプ(試作品)とされるスマートフォン「Xperia G3121 Prototype」のハンズオン動画が YouTube の TechLover HD にて公開。「G3112」と同系とみられる製品で、リア(背面)には2300万画素カメラを搭載するとしています。

Sony Xperia XA2 (G3112, G3121) – mobiltelefon.ru
http://mobiltelefon.ru/post_1477724754.html




Posted by GPad   @   2017年1月30日 月曜日 6 comments
Tags : ,

関連記事 - Related Posts

6 Comments

Comments
11月 1, 2016
00:31
#1 GPad :

G3112 と G3121 は同一の製品になると思われるため
記事のタイトルから2機種の文言を削除しました。

11月 1, 2016
15:13
#2 匿名 :

期待はできないな

1月 30, 2017
11:43
#3 匿名 :

テスト機のハンズオン動画公開ってガバガバすぎぃ

1月 30, 2017
13:20
#4 匿名 :

上下のベゼルが太すぎてださい。

1月 30, 2017
18:43
#5 xx :

ソニーモバイルの撤退はなく17年度も続投と見ていいのかな

1月 30, 2017
19:58
#6 匿名 :

ベゼルデカ杉ワロエナイ
ミッドレンジ端末の日本投入も無いだろうしな

Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»