Wiko、8コアプロセッサ Snapdragon 626 デュアルカメラ搭載 LTE Cat.6 通信対応 5.5インチスマートフォン「WIM」発表

Filed in Phone - 電話 2 comments

Wiko WIM

フランスメーカー Wiko、1300万画素デュアルカメラや指紋センサーを搭載した LTE Cat.6 通信対応の5.5インチスマートフォン「WIM」発表。欧州にて価格399.99ユーロ(約48,000円)より販売。日本市場へも投入検討中。

■ スペック

  • OS: Android 7.0 Nougat
  • CPU: Qualcomm Snapdragon 626 (MSM8953Pro) Octa-core 2.2GHz
  • GPU: Adreno 506
  • RAM: 4GB
  • ROM: 32GB or 64GB
  • サイズ: 未公開
  • 重量: 未公開
  • ディスプレイ: 5.5インチ AMOLED マルチタッチ 静電容量式
  • 解像度: 1920×1080 Full-HD
  • カメラ: 13MP x2 (背面 Sony Exmor RS IMX258) デュアル LED フラッシュ付き 16MP(前面 CMOS) フロント LED フラッシュ付き
  • ネットワーク: FDD-LTE / TDD-LTE / W-CDMA / GSM
  • パケット通信: LTE Cat 6, HSPA+, EDGE, GPRS
  • SIM Slot: nanoSIM x2
  • 通信: WiFi 802.11 b/g/n, Bluetooth 4.2
  • センサー: GPS, Gセンサー, 近接センサー, 光センサー, ジャイロスコープ, 指紋センサー, NFC
  • 外部端子: microSD, USB Type-C, 3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー: 3200mAh
  • 筐体カラー: ゴールド、ホワイト、ブラック
  • その他: VoLTE、急速充電 QuickCharge 3.0 対応

※ SIM スロット片方は microSD カードと共用です。

フランスメーカー Wiko、スペイン・バルセロナにて開催された国際モバイル見本市 MWC 2017 に合わせて1300万画素デュアルカメラを搭載した5.5インチスマートフォン「WIM」を正式発表。欧州地域にてストレージ 32GB モデルが価格399.99ユーロ(約48,000円)より販売。日本市場への投入も検討中。

リア(背面)の1300万画素デュアルカメラはソニー Exmor RS IMX258 センサーを採用し、低照度時の撮影性能を向上、一眼カメラのような高深度の写真撮影が可能な他、vidhance 社の手ぶれ補正技術を採用。

フロント(前面)には1600万画素カメラと LED フラッシュを備え自画撮りに優れた製品となっており、指紋センサーが内蔵されたホームボタンを備えます。下り最大 300Mbps 上り最大 50Mbps の高速通信 LTE Cat.6 対応。筐体カラーはゴールド、ホワイト、ブラックの3種類ですが、各色に表面加工マット、光沢、カーボネイトの3パターンが用意されています。

MWC2017 News – Wiko
http://www.wikoblog.de/mwc/wiko-wim-wim-lite/




Posted by GPad   @   2017年3月1日 水曜日 2 comments
Tags : , , , , , , ,

2 Comments

Comments
3月 1, 2017
13:41
#1 名無し :

高級感があるね。

3月 1, 2017
22:18
#2 匿名 :

スペックは微妙かな
デュアルカメラも増えてきたな

Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»