ソニー、4K 高画質プロセッサ Android TV 搭載テレビとなるブラビア 4シリーズ「X9500E, X9000E, X8500E, X8000E」発表

Filed in TV - テレビ 0 comments

Sony 4K TV BRAVIA X9500E, X9000E, X8500E, X8000E

ソニー、43から75インチサイズを用意した Android TV 搭載 4K テレビ BRAVIA 「X9500E, X9000E, X8500E, X8000E」の4シリーズ10機種発表。ハイレゾ再生対応に音声操作対応リモコン付属。2017年6月10日より順次発売。

■ 価格、発売日

  • X9500E: 65インチ 55万円前後 / 55インチ 40万円前後 / 2017年6月10日発売
  • X9000E: 65インチ 44万円前後 / 55インチ 32万円前後 / 49インチ 24万円前後 / 2017年6月10日発売
  • X8500E: 75インチ 60万円前後 / 65インチ 37万円前後 / 55インチ 28万円前後 / 2017年6月10日発売
  • X8000E: 49インチ 21万円前後 / 43インチ 17万円前後 / 2017年6月24日発売

-

■ X9500E スペック

  • 型番: KJ-65X9500E / KJ-55X9500E
  • OS: Android TV (Android 7.0 Nougat)
  • 画質プロセッサ: 4K 高画質プロセッサー「X1 Extreme」
  • サイズ (65インチ): 1592x838x127mm (スタンド有り: 1592x913x295mm)
  • サイズ (55インチ): 1373x715x127mm (スタンド有り: 1373x790x282mm)
  • 重量 (65インチ): 43.3kg (スタンド有り: 46.8kg
  • 重量 (55インチ): 32.7kg (スタンド有り: 36.0kg
  • ディスプレイ: 65インチ, 55インチ トリルミナスディスプレイ
  • 解像度: 3840×2160 Ultra-HD (4K)
  • 3D 表示: 非対応
  • 消費電力 (65インチ): 289W (待機時 0.5W)
  • 消費電力 (55インチ): 225W (待機時 0.5W)
  • スピーカー: 11個 (トゥイーター×2個、ウーファー×4個、サブウーファー×1個、パッシブラジエーター×4個、2.1ch 磁性流体スピーカー)
  • 通信: WiFi 802.11 a/b/g/n/ac, Bluetooth, Ethernet 10/100Mbps (RJ45)
  • 価格: オープンプライス(40万~55万円前後)
  • その他: Google Cast、Google Play、ハイレゾ再生、DSEE HX 対応

-

■ X9000E スペック

  • 型番: KJ-65X9000E / KJ-55X9000E / KJ-49X9000E
  • OS: Android TV (Android 7.0 Nougat)
  • 画質プロセッサ: 4K 高画質プロセッサー「HDR X1」
  • サイズ (65インチ): 1447x830x60mm (スタンド有り: 1447x895x259mm)
  • サイズ (55インチ): 1228x707x60mm (スタンド有り: 1228x772x259mm)
  • サイズ (49インチ): 1093x631x62mm (スタンド有り: 1093×68.5x236mm)
  • 重量 (65インチ): 22.0kg (スタンド有り: 23.2kg
  • 重量 (55インチ): 16.9kg (スタンド有り: 18.1kg
  • 重量 (49インチ): 12.6kg (スタンド有り: 13.8kg
  • ディスプレイ: 65インチ, 55インチ, 49インチ トリルミナスディスプレイ
  • 解像度: 3840×2160 Ultra-HD (4K)
  • 3D 表示: 非対応
  • 消費電力 (65インチ): 222W (待機時 0.5W)
  • 消費電力 (55インチ): 181W (待機時 0.5W)
  • 消費電力 (49インチ): 165W (待機時 0.5W)
  • スピーカー: 2個 (フルレンジ×2個, 2ch バスレフ型スピーカー)
  • 通信: WiFi 802.11 a/b/g/n/ac, Bluetooth, Ethernet 10/100Mbps (RJ45)
  • 価格: オープンプライス(24万~44万円前後)
  • その他: Google Cast、Google Play、ハイレゾ再生、DSEE 対応

-

■ X8500E スペック

  • 型番: KJ-75X8500E / KJ-65X8500E / KJ-55X8500E
  • OS: Android TV (Android 7.0 Nougat)
  • 画質プロセッサ: 4K 高画質プロセッサー「HDR X1」
  • サイズ (75インチ): 1677x968x53mm (スタンド有り: 1677x1032x284mm)
  • サイズ (65インチ): 1454x840x44mm (スタンド有り: 1454x905x266mm)
  • サイズ (55インチ): 1232x717x57mm (スタンド有り: 1232x772x252mm)
  • 重量 (75インチ): 34.1kg (スタンド有り: 35.2kg
  • 重量 (65インチ): 21.0kg (スタンド有り: 22.1kg
  • 重量 (55インチ): 18.6kg (スタンド有り: 19.5kg
  • ディスプレイ: 75インチ, 65インチ, 55インチ トリルミナスディスプレイ
  • 解像度: 3840×2160 Ultra-HD (4K)
  • 3D 表示: 非対応
  • 消費電力 (75インチ): 222W (待機時 0.5W)
  • 消費電力 (65インチ): 181W (待機時 0.5W)
  • 消費電力 (55インチ): 165W (待機時 0.5W)
  • スピーカー: 2個 (フルレンジ×2個, 2ch バスレフ型スピーカー)
  • 通信: WiFi 802.11 a/b/g/n/ac, Bluetooth, Ethernet 10/100Mbps (RJ45)
  • 価格: オープンプライス(28万~60万円前後)
  • その他: Google Cast、Google Play、ハイレゾ再生、DSEE 対応

-

■ X8000E スペック

  • 型番: KJ-49X8000E / KJ-43X8000E
  • OS: Android TV (Android 7.0 Nougat)
  • 画質プロセッサ: 無し
  • サイズ (49インチ): 1096x640x57mm (スタンド有り: 1096x691x252mm)
  • サイズ (43インチ): 964x567x57mm (スタンド有り: 964x617x242mm)
  • 重量 (49インチ): 12.2kg (スタンド有り: 12.9kg
  • 重量 (43インチ): 10.1kg (スタンド有り: 10.8kg
  • ディスプレイ: 49インチ, 43インチ トリルミナスディスプレイ
  • 解像度: 3840×2160 Ultra-HD (4K)
  • 3D 表示: 非対応
  • 消費電力 (49インチ): 141W (待機時 0.5W)
  • 消費電力 (43インチ): 131W (待機時 0.5W)
  • スピーカー: 2個 (フルレンジ×2個, 2ch バスレフ型スピーカー)
  • 通信: WiFi 802.11 a/b/g/n/ac, Bluetooth, Ethernet 10/100Mbps (RJ45)
  • 価格: オープンプライス(17万~21万円前後)
  • その他: Google Cast、Google Play、ハイレゾ再生、DSEE 対応

-

■ Android TV 搭載
リモコンの音声検索ボタンを押して好きなキーワードを話しかけるだけで、いままで出会うことのなかったあなたがワクワクするコンテンツをサッと検索。動画だけでなく音楽やゲームなどのアプリもかんたんに楽しめます。また、テレビ番組やブルーレイソフトなどこれまで楽しんでいたコンテンツはもちろん、4K放送も4K HDRコンテンツもネット動画も、あらゆる映像をソニーの高画質技術で美しく楽しめます。

■ 4K 高画質プロセッサー搭載
「X9500E」シリーズは 4K 高画質プロセッサー 「X1 Extreme」を、「X9000E」と「X8500E」は「HDR X1」を搭載。液晶パネルの特性に合わせ、より優れたリアルタイム画像処理を実現します。(※「X8000E」シリーズは 4K 高画質プロセッサーを搭載していません。)

■ X9500E シリーズ
高コントラスト表現を可能にする技術「X-tended Dynamic Range PRO(エクステンディッド ダイナミックレンジ プロ)」と、より高効率化かつ高精度な部分駆動を可能にした、進化したソニー独自の薄型バックライト技術「Slim Backlight Drive+(スリムバックライトドライブ プラス)」との連携により、従来よりもさらに高輝度、高コントラストを実現。音質においては、サイドスピーカーをスリムにしながら、ハイレゾリューション音源(以下ハイレゾ)に対応し、ウーファー、サブウーファーには磁性流体スピーカーを採用。中高域で伸びのある明瞭なサウンドと、締まりの良い瞬発力ある低音を実現しました。臨場感と迫力に満ちた音により、美しい4K映像と音との一体感を提供します。

■ 4K HDR 放送、ハイレゾ再生対応
た全機種において、HDR10、スカパー!4K HDR 放送(Hybrid Log-Gamma 方式)に加え、一部モデルにおいて、Dolby Vision に対応予定。ネット動画の圧縮音声など2チャンネルの音源を CD 以上(48kHz/24bit)にアップスケーリングする「DSEE(ディーエスイーイー)」を搭載。映像だけでなく、圧縮音源で失われがちな高音域と、消え際の微小な音を再現。広がりのある自然な音質を実現。

BRAVIA X9500E – ソニー
http://www.sony.jp/bravia/products/KJ-X9500E/

BRAVIA X9000E – ソニー
http://www.sony.jp/bravia/products/KJ-X9000E/

BRAVIA X8500E – ソニー
http://www.sony.jp/bravia/products/KJ-X8500E/

BRAVIA X8000E – ソニー
http://www.sony.jp/bravia/products/KJ-X8000E/

プレスリリース 新 BRVIA 発表 – ソニー
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201705/17-0508/




Posted by GPad   @   2017年5月8日 月曜日 0 comments
Tags : , , ,

0 Comments

No comments yet. Be the first to leave a comment !
Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»