ソニー、民生用大型モデルとしては初となる Android TV 搭載 4K 有機 EL テレビ「BRAVIA A1」シリーズ発表、6月10日発売

Filed in TV - テレビ 13 comments

Sony BRAVIA A1

ソニー、同社初となる Android TV 搭載の 4K 有機 EL ディスプレイを採用した超薄型テレビ「BRAVIA A1」シリーズ発表。画面サイズ65インチと55インチの2タイプを用意し、価格50万円より2017年6月10日発売。

■ スペック

  • 型番: KJ-65A1 / KJ-55A1
  • OS: Android TV (Android 7.0 Nougat)
  • 画質プロセッサ: 4K 高画質プロセッサー「X1 Extreme」
  • サイズ (65インチ): 1451x834x86mm (スタンド有り: 1451x832x339mm)
  • サイズ (55インチ): 1228x711x86mm (スタンド有り: 1228x710x339mm)
  • 重量 (65インチ): 29.8kg (スタンド有り: 36.2kg
  • 重量 (55インチ): 25.0kg (スタンド有り: 28.8kg
  • ディスプレイ: 65インチ, 55インチ 有機 EL パネル
  • 解像度: 3840×2160 Ultra-HD (4K)
  • 3D 表示: 非対応
  • 消費電力 (65インチ): 490W (待機時 0.5W)
  • 消費電力 (55インチ): 370W (待機時 0.5W)
  • スピーカー: 5個 (アクチュエーター×4個、サブウーファー×1個、2.1ch アコースティック サーフェス)
  • 通信: WiFi 802.11 a/b/g/n/ac, Bluetooth, Ethernet 10/100Mbps (RJ45)
  • 価格: オープンプライス(50万~80万円前後)
  • その他: Google Cast、Google Play、ハイレゾ再生、DSEE HX 対応

■ Android TV 搭載
リモコンの音声検索ボタンを押して好きなキーワードを話しかけるだけで、いままで出会うことのなかったあなたがワクワクするコンテンツをサッと検索。動画だけでなく音楽やゲームなどのアプリもかんたんに楽しめます。また、テレビ番組やブルーレイソフトなどこれまで楽しんでいたコンテンツはもちろん、4K放送も4K HDRコンテンツもネット動画も、あらゆる映像をソニーの高画質技術で美しく楽しめます。

■ 4K 高画質プロセッサー搭載
ブラビア「A1 シリーズ」では、「X1 Extreme (エックスワン エクストリーム)」が自発光デバイスである有機 EL パネルの特長を最大限に引き出すことで、現実世界により近い深い黒や明るさの表現が可能に。

■ 有機 EL ディスプレイ採用
民生用大型テレビとしては初となる有機 EL パネルを採用するにあたり、ソニー製の業務用有機 EL モニターの製品開発に携わったエンジニアも参画し、パネルの能力を最大限に発揮する技術を開発。プロフェッショナルに評価される技術を応用することで、ソニーならではの高画質を実現。

■ HDR リマスター 対応
それぞれの映像シーンの中の物体をオブジェクトごとに分析し最適な色やコントラストで表現。個々の物体の光沢感や質感を再現し、高精細で色彩豊かな、立体感のある映像を再現します。地上デジタル放送、インターネットコンテンツなど、さまざまな SDR 映像を HDR 映像相当にアップコンバートします。

■ 新音響システム搭載
テレビの画面そのものを振動させることで音を出すソニー独自の音響システム「アコースティック サーフェス」を搭載。有機 EL パネル背面の左右にアクチュエーターを配し画面を振動させ、背面のスタンドに内蔵したサブウーファーと、独自の信号処理技術を連携させることで、画面全体から出力される音の広がりと迫力のある音が体感できます。映像の中から音が聞こえ、まるで目の前にその光景が広がっているかのような現実に近い体験をもたらします。

■ ハイレゾ再生対応
音質においては、サイドスピーカーをスリムにしながら、ハイレゾリューション音源に対応し、ウーファー、サブウーファーには磁性流体スピーカーを採用。中高域で伸びのある明瞭なサウンドと、締まりの良い瞬発力ある低音を実現しました。臨場感と迫力に満ちた音により、美しい 4K 映像と音との一体感を提供。

BRAVIA A1 – ソニー
http://www.sony.jp/bravia/products/KJ-A1/




Posted by GPad   @   2017年5月8日 月曜日 13 comments
Tags : , , ,

13 Comments

Comments
5月 8, 2017
17:23
#1 匿名 :

有機ELパネルの供給元はLGですね。

5月 8, 2017
23:29
#2 匿名 :

肝心なパネルはLG。
ソニーはソフトでちょいと弄っただけか。

5月 9, 2017
02:20
#3 匿名 :

思ったより早い&安いな。

5月 9, 2017
03:12
#4 zony :

実物を見に行かねば!

5月 9, 2017
09:48
#5 星 :

恥ずかしい、パネルはLGで

5月 9, 2017
13:48
#6 匿名 :

同じ部品を使っててもチューニングに差があるし、当然仕上がりは変わってくるでしょう。

5月 9, 2017
17:24
#7 anonymous :

でもLGからのパネル供給がないことには出来ない商品ですね。
それに商品化できるスピードも供給元には敵わない。

5月 9, 2017
17:42
#8 匿名 :

ソニーがCLEDの試作機を出した時のネットの反応が懐かしいですね
あの時は有機EL終了なんて騒がれてましたが、結局こうなってしまった

5月 10, 2017
18:33
#9 匿名 :

パナソニックも同じLG製有機ELパネルを使ったVIERAを発表しましたね。

5月 11, 2017
14:16
#10 anonymous :

CLEDはデジタルサイネージなど向けのディスプレイユニットですね。
55インチサイズでフルHDの解像度なのでテレビには向かないです。

5月 11, 2017
19:30
#11 匿名 :

価格.comで有機ELは焼き付きがなって宣っていたソニーマンセーなsky878はどう思うだろうな。

5月 12, 2017
03:54
#12 匿名 :

画面から音が出ることによる、映画館に近い没入感に期待してる。
あとはガラスから出る音がどの程度のものになるか。

5月 12, 2017
10:03
#13 anonymous :

画面から音が出る技術なら過去にNECのパソコンで「SoundVu」ってのがありましたね。音の定位がはっきりしない、音量が上げられない等の理由ですぐに採用を止めました。
この有機ELテレビは背面に振動用のアクチュエーターがあるので、壁に掛ける際には注意が必要かもしれませんね。

Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»