パイオニア、世界初 MQA やハイレゾ再生に対応した Android 搭載ポータブルプレイヤー「XDP-100R」発表、11月下旬発売

Filed in MusicPlayer - 音楽プレイヤー 4 comments

ONKYO and Pionner Innovations XDP-100R

オンキヨー&パイオニアイノベーションズ、パイオニアブランドにて世界初ロスレスフォーマット MQA (Master Quality Authenticated) やハイレゾ再生対応 Android ポータブルミュージックプレイヤー「XDP-100R」発表。価格59,800円(税別)で2015年11月下旬発売。

■ スペック

  • OS: Android 5.1.1 Lollipop
  • CPU: Qualcomm Snapdragon 800 (APQ8074) Quad-core 2.2GHz
  • GPU: Adreno 330
  • RAM: 未公開
  • ROM: 32GB
  • サイズ: 128.9×75.9×13mm (バンパー装着時 145.9×75.9×13.9mm)
  • 重量: 198g (バンパー装着時 203g)
  • ディスプレイ: 4.7インチ タッチパネル 静電容量式
  • 解像度: 1280×720 HD
  • 通信: WiFi 802.11 b/g/n, Blueotooh
  • 対応オーディオ形式: DSD/ DSF/ DSD-IFF/ MQA/ FLAC/ ALAC/ WAV/ AIFF/ Ogg-Vorbis/ MP3/ AAC
  • サンプリング周波数: 44.1 kHz/48 kHz/88.2 kHz/96 kHz/176.4 kHz/192 kHz/352.8 kHz/384 kHz 2.8 MHz/5.6 MHz/11.2 MHz/16 bit/24 bit (32 bit float/integerは 24 bit変換)/1 bit
  • 外部端子: microSD(Max 128GB) x2, microUSB, 3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー: 1630mAh / 3.8V 最大10時間再生
  • 筐体カラー: シルバー、ブラック
  • その他: Google Play、Wi-Fi Direct 対応、アルミ製筐体採用

※ ストレージは microSD 128GB x2 と内蔵 ROM 32GB 合わせて最大 288GB まで対応。
※ MQA 再生は発売時は対応せず。発売後のアップデートで対応予定。
※ 海外(グローバル)販売モデルには筐体カラーカッパーも用意されています。

■ パイオニアブランド初 Android プレイヤー
「XDP-100R」はパイオニアブランドとしては初の Android 搭載ポータブルミュージックプレイヤーとなります。製品自体はオンキヨーとの共同開発で、オンキヨーが提供する音楽配信サイト「Onkyo music」に対応し、直接音楽などを購入ダウンロード可能。Google Play 対応で通常の Android 端末同様アプリなどを追加できます。

■ 世界初 MQA フォーマット対応
「MQA (Master Quality Authenticated)」 はイギリスのオーディオメーカー Meridian が開発した音楽フォーマットです。「XDP-100R」は MQA フォーマットにポータブルプレイヤーとして世界初対応。その他 DSD 11.2MHz、FLAC / WAV 384kHz/24bit、ALAC/AIFF などハイレゾ再生にも対応します。

■ ESS 製 DAC ES9018K2M 搭載
デジタルコンバーターには ESS 製 DAC ES9018K2M を搭載。ヘッドホンアンプには SABRE AMP「9601K」を採用。アンプ出力は 75mW+75mW としていますが、他の端末の外部アンプとして利用することは出来ないとしています。

■ マイクロ SD カードスロット2つ搭載
本体側面部には microSD カードスロットを2つ搭載。各1スロット 128GB までの容量に対応。128GB の microSD 2枚と内蔵 ROM 32GB 合わせて最大 288GB までのストレージに対応します。その他、バッテリー容量は公開されていませんが、最大で約10時間の連続再生が可能。

■ 発売、価格に関して
「XDP-100R」自体は2015年9月7日にグローバル発表が行われていました。当初は米国や欧州などでの販売は告知されていましたが、日本国内販売に関してはアナウンスされていませんでした。その後、同年10月14日に国内販売を正式発表。価格59,800円(税別)で11月下旬より発売されます。日本で販売されるモデルは筐体カラーシルバーとブラックの2種類ですが、グローバルモデルにはカッパーカラーも存在します。

XDP-100R – Pioneer
http://pioneer-headphones.com/japanese/dap/xdp-100r/

デジタルオーディオプレーヤー XDP-100R – ONKYO
http://www.jp.onkyo.com/news/newproducts/audio/xdp_100r/XDP-100R.pdf




Posted by GPad   @   2015年10月14日 水曜日 4 comments
Tags : , , , ,

4 Comments

Comments
9月 7, 2015
20:38
#1 匿名 :

1スロット128GB×2でなんで288GBかと思ったら 
ROMの32GBと併せて……なんだな(;^_^A

9月 8, 2015
00:35
#2 G Pad :

匿名 様
ご指摘有難うございます。
説明がわかりづらくてすいません(><
言い回しを訂正いたしました。

9月 8, 2015
06:36
#3 匿名 :

おっそろしく高そうだけど、WALKMANの最上位モデルよりは安くしてほしいなぁ

10月 15, 2015
00:13
#4 G Pad :

グローバルモデルのカッパーカラーは下記よりご覧頂けます。
http://gpad-img.com/201509/xdp100r_1.jpg

Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»