ドコモ、低価格で購入できる防水対応オリジナルブランド 4.7インチスマートフォン「MONO MO-01J」登場、12月9日発売

Filed in Phone - 電話 3 comments

NTT docomo MONO MO-01J by ZTE

NTTドコモ、防水やハイレゾ再生 VoLTE に対応した低価格4.7インチスマートフォン「MONO MO-01J」登場。ドコモのオリジナルブランドとして展開される製品で、マナーモードスイッチなどを搭載し2016年冬モデルとして12月9日発売。

■ スペック

  • OS: Android 6.0 Marshmallow
  • CPU: Qualcomm Snapdragon 617 (MSM8952 1.5GHz x4 + 1.2GHz x4) Octa-core
  • GPU: Adreno 405
  • RAM: 2GB
  • ROM: 16GB
  • サイズ: 136×69×8.8mm
  • 重量: 138g
  • ディスプレイ: 4.7インチ TFT 液晶 マルチタッチ 静電容量式
  • 解像度: 1280×720 HD
  • カメラ: 13.3MP(背面 CMOS) LED フラッシュ付き 4.9MP(前面 CMOS)
  • ネットワーク: FDD-LTE(Bands 1, 3, 19, 21) W-CDMA(800/850/2100MHz) GSM(850/900/1800/1900MHz)
  • パケット通信: LTE Cat.4, HSPA+, EDGE, GPRS
  • SIM Slot: nanoSIM
  • 通信: WiFi 802.11 b/g/n, Bluetooth 4.1
  • センサー: GPS, Gセンサー, 近接センサー, 光センサー
  • 外部端子: microSD(Max 128GB), microUSB, 3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー: 2440mAh
  • 筐体カラー: ホワイト、ブラック
  • 製造メーカー: ZTE
  • その他: 防水(IPX7)、防塵(IP5X)、ハイレゾ再生、VoLTE 対応

NTTドコモ、2016年冬モデルとしてオリジナルブランド「MONO (モノ)」シリーズ第一弾となるスマートフォン「MONO MO-01J」を10月19日に正式発表。必要最低限の機能に絞ったシンプルな製品です。特徴として、本体側面部にマナーモードの ON / OFF 切替が可能な物理スイッチを搭載。

実質負担金700円程度で運用が可能な低価格スマートフォンとして12月上旬に発売。筐体カラーはホワイトとブラックの2種類を用意し、低価格ながらもハイレゾ再生や防水防塵に対応します。ワンセグやおサイフ機能には非対応です。

■ 650円での購入に関して
ドコモによる現時点での案内ですと、1年間(12ヶ月)の利用を条件とした「端末購入サポート」に加入すると、一括650円程度で「MONO MO-01J」が購入できるとしています。通常の端末価格は30,000円程度で、「端末購入サポート」に加入していても、1年以内に「端末購入サポート」を解約した場合は16,000円程度の負担金が発生するとの事。

■ 追加情報 2016年12月5日
2016年冬モデルとして10月19日に発表されたオリジナルブランドスマートフォン「MONO MO-01J」の発売日決定。当初、12月上旬と案内されていましたが、12月9日より販売が開始します。

MONO MO-01J – NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/mo01j/




Posted by GPad   @   2016年12月9日 金曜日 3 comments
Tags : , , , , ,

3 Comments

Comments
12月 5, 2016
17:05
#1 名無し :

性能的には良さそうだけどな。

12月 5, 2016
17:11
#2 YM :

ちょっと気になる製品。

12月 5, 2016
23:05
#3 anonymous :

とりあえず出しましたって感じの端末ですね。

Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»