モトローラ・ジャパン、厚み 6.99mm 専用モジュール対応 5.5インチスマートフォン「Moto Z Play」日本販売発表、10月19日発売

Filed in Phone - 電話 6 comments

Motorola Japan Moto Z Play

モトローラ・ジャパン、「Moto Z」シリーズとなるオクタコアプロセッサ 625 搭載 5.5インチスマートフォン「Moto Z Play」の日本販売発表。専用モジュール対応カメラにしたりプロジェクターの装着が可能。価格53,800円(税別)で2016年10月19日発売。

■ スペック

  • OS: Android 6.0.1 Marshmallow (Android 7.0 Nougat バージョンアップ予定)
  • CPU: Qualcomm Snapdragon 625 (MSM8953) Octa-core 2GHz
  • GPU: Adreno 506
  • RAM: 3GB LPDDR3
  • ROM: 32GB
  • サイズ: 156.4×76.4×6.99mm
  • 重量: 165g
  • ディスプレイ: 5.5インチ AMOLED マルチタッチ 静電容量式 ゴリラガラス採用
  • 解像度: 1920×1080 Full-HD (403ppi)
  • カメラ: 16MP(背面 OIS レーザー AF F2.0) デュアル LED フラッシュ付き 5MP(前面 CMOS F2.2) フロント LED フラッシュ付き
  • ビデオ: 4K@30fps 1080p@60fps 動画撮影対応
  • ネットワーク: FDD-LTE(Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 19, 20, 25, 28) TDD-LTE(Bands 38, 40, 41) W-CDMA(Bands 1, 2, 4, 5, 6, 8, 19) GSM(850/900/1800/1900MHz)
  • パケット通信: LTE Cat.7, HSPA+, EDGE, GPRS
  • SIM Slot: nanoSIM
  • 通信: WiFi 802.11 a/b/g/n, Bluetooth 4.0
  • センサー: GPS, Gセンサー, 近接センサー, 光センサー, ジャイロスコープ, デジタルコンパス, 指紋センサー, NFC
  • 外部端子: microSD(Max 128GB), USB Type-C, 3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー: 3510mAh
  • 筐体カラー: ホワイト、ブラック
  • その他: フロントラウンドスピーカー、クアッドマイク搭載、防滴、急速充電(TurboPower) 対応

※ 2017年1月31日より Android 7.0 Nougat への OS バージョンアップ提供済み。

中国メーカーレノボの傘下となっているモトローラ・ジャパン、「Moto Z (モト・ゼット)」シリーズとなるスマートフォン「Moto Z Play」の日本販売を正式発表。

Android 6.0.1 OS に 64bit 対応オクタコアプロセッサ Snapdragon 625 や RAM 3GB などを搭載したミッドレンジモデルで、筐体カラーはホワイトとブラックの2種類。SIM ロックフリースマートフォンとして価格53,800円(税別)で2016年10月中旬発売。

Moto Z」では薄さを重視することで 3.5mm オーディオジャックは USB Type-C 接続によるアダプターを使用していましたが、「Moto Z Play」ではオーディオジャックを採用しています。リア(背面)に1600万画素 1.3μm サイズカメラセンサーを備え、レーザー AF や光学手ブレ補正に対応。フロント(前面)カメラは500万画素で、LED フラッシュも搭載します。

その他、「Moto Mods」とよばれるモジュールのような外付けアクセサリー(専用モジュール)が用意されており、マグネット装着することで機能を拡張することが可能。「Moto Mods」は、リアカバーを変更する「Style Shells」、ワイヤレス充電に対応した大容量バッテリー「Incipio offGRID Power Pack」、プロジェクターが内蔵された「Moto Insta-Share Projector」、JBL 大型スピーカーが搭載された「JBL SoundBoost | Speaker」。

「Moto Mods」の最新アクセサリーとして、10倍光学ズームに対応した1200万画素 1.55μm センサー搭載カメラ特化モジュール「Hasselblad Ture Zoom (ハッセルブラッド・トゥルー・ズーム)」も登場。カメラシャッターボタンなどが備わっており、本体に装着することで本格的なデジタルカメラとして使用できます。

■ 追加情報 2016年10月17日
2016年9月27日に日本販売が正式発表された「Moto Z Play」の発売日決定。当初、10月中旬としていましたが10月19日(水)より販売が開始されます。発表時には用意されてなかった公式の製品ページも公開。

■ 追加情報 2017年1月31日
Android 7.0 Nougat への OS バージョンアップを含む、機能追加改善のソフトウェアアップデートが2017年1月31日より提供開始。独自機能、Moto アクションの追加、スワイプして片手操作モードに切り替えできます。指紋センサーで画面ロックができます。Moto Mods のパフォーマンス向上。Moto Mods を装着している際、横長モードでもMotoディスプレイが表示できる機能なども追加されます。(詳細

Moto Z Play – Motorola Japan
http://www.motorola.co.jp/products/moto-z-play




Posted by GPad   @   2016年10月17日 月曜日 6 comments
Tags : , , , , , , ,

関連記事 - Related Posts

6 Comments

Comments
9月 27, 2016
15:02
#1 匿名 :

カメラモジュールいいね!
しかし、ここでハッセルとは渋い。

9月 27, 2016
17:17
#2 匿名 :

モトローラさんキャリア向けは撤退したけどSIMフリー端末は積極的に投入してきてくれて嬉しい!!

9月 27, 2016
21:13
#3 匿名 :

モディファイ別売りなんだから、本体はあと2万安くないと厳しいでしょ

10月 17, 2016
05:39
#4 匿名 :

値段はともかく続々とSIMフリー端末が日本発売されるのは嬉しい。

10月 17, 2016
07:09
#5 匿名 :

日本市場舐められすぎでしょ

10月 18, 2016
01:04
#6 匿名 :

Moto X Styleから日本参入が待ち遠しかったけど
この低スペックでこの価格はプラスエリア対応でも流石にないわ

Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»