SL Interphase、本体に2つのコンピューターを内蔵した Android と Windows を利用できる5インチスマートフォン「Nitro Duo」発表

Filed in Phone - 電話 5 comments

SL Interphase Nitro Duo

米 SL Interphase、1つの本体に x86 と ARM プロセッサを採用した2種類のハード構成を組み Android と Windows などの2つの OS を作動させることが可能な5インチスマートフォン「Nitro Duo」発表。本体側面部のボタンで内部ハードの切替えが可能。

■ スペック ARM 側

  • OS: Android 4.4 KitKat
  • CPU: Freescale i.MX 6 (Cortex-A9) Quad-core 1GHz
  • GPU: Vivante 3D GPU IP コア
  • RAM: 2GB
  • ROM: 無し 8GB SDカード をストレージとして代用

■ スペック x86 側

  • OS: Windows 10
  • CPU: Intel Atom Z3745 (Bay Trail-T) Quad-core 1.33GHz (Max 1.86GHz)
  • GPU: Intel HD Graphics
  • RAM: 4GB
  • ストレージ: SSD 256GB

■ 共通項目

  • ディスプレイ: 5インチ TN LCD タッチパネル
  • 解像度: 800×480 WVGA
  • ネットワーク: LTE / W-CDMA
  • 外部端子: SD-card, USB x4, HDMI
  • バッテリー: 不明
  • その他: ハード切替えボタン搭載、専用ドッキングステーション用意

※ 開発中製品のため今後仕様が変更となる場合があります。

米国 SL Interphase は、端末本体の中に2種類のハードを組み込んだスマートフォン「Nitro Duo」を発表。本体には ARM 系とされる Android OS 等が作動可能なハードと、x86 とされる Windows OS 等が作動可能なハード2種類が組み込まれています。

CPU、RAM、ストレージが内部で別れており、5インチタッチパネルと、USB 、HDMI 出力端子は共通の部分となっています。これにより1つのハードで、仕様のことなる環境が実現可能に。本体側面部にハードを切替えるボタンが備わっており、ボタンを押すことで即時に Android と Windows を切替えれます。

ハードが別々に組み込まれているため OS の切替えに本体の再起動は不要です。切替えボタンのみで即時環境が切り替わります。また USB にキーボードやマウスが接続されている場合も、ポートをいちいち変更することなく、認識し継続して使用できます。

本体には専用ドックとなるデスクトップステーションが用意されています。ステーションには USB ポート3つと、イーサネットポートが備わっています。本体単体でも、HDMI 端子を利用することでパソコンのように利用できますが、ステーションに本体を置くことでより簡単にでストップ環境が整います。

開発中製品のため今後使用が変更される場合があります。発売日は未定ですが、2016年後半にクラウドファンディングサイトを利用して製品をリリースする可能性があるとしています。量産化が整っていないため、本体価格は799ドル(約96,000円)程度を想定しているとの事。

Nitro Duo – SL Interphase
http://sl-interphase.com/




Posted by G Pad   @   2016年1月11日 月曜日 5 comments
Tags : , , ,

5 Comments

Comments
1月 12, 2016
01:12
#1 魎 :

いろいろとヤバイな
Androidのスペックは何年前のレベルだろう

ハードウェアが分かれてるってことは、裏で同時に起動してるってことですよね。電池マッハでなくなること請け合いですね

1月 12, 2016
09:15
#2 名無し :

Windowsだけでよかったのでは…

1月 12, 2016
15:30
#3 匿名 :

スマホ二台の基板をサンドイッチにしてるのか?
どうせなら両面にディスプレイつければさらに良いんでは、ついでに取り外せるようにして…あ!単品販売もいけるじゃん!
夢のある製品だな

1月 12, 2016
19:17
#4 匿名 :

何だよこの変態端末

1月 14, 2016
23:46
#5 匿名 :

7インチATOMデュアルブートの方が軽いとかいうオチになりそう。

Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»