シャープ、 Android TV や人工知能を搭載したネットプレイヤー「AQUOS ココロビジョンプレイヤー」登場、6月10日発売

Filed in TV - テレビ 4 comments

SHARP Net Player AQUOS Cocoro Vision

シャープ、液晶テレビ「AQUOS (アクオス)に接続して楽しむ Android TV 搭載のネットプレイヤー「AQUOS ココロビジョンプレーヤー」登場。端末は人工知能でユーザーの普段のテレビ視聴傾向を学習し好みにあった番組を提案する機能を搭載。

■ スペック

  • OS: Android TV (Android 5.1 Lollipop)
  • RAM: 2.5GB
  • ROM: 16GB
  • サイズ: 151×151×39mm
  • 重量: 500g
  • 画面出力: HDMI
  • 解像度: 3840×2160 UHD (4K) 対応
  • 通信: WiFi 802.11 a/b/g/n/ac, Bluetooth, Ethernet 10/100Mbps (RJ45)
  • センサー: 人感センサー
  • 外部端子: USB x2, HDMI
  • 電源: DC 12V
  • その他: スピーカー(0.5W) 搭載、専用ワイヤレスリモコン付属、Google Play 対応

■ 人工知能が見逃し配信などを声で教えてくれる
液晶テレビ「AQUOS」と接続・設定すると、普段のテレビ視聴傾向からユーザーがよく見る番組などの嗜好を人工知能が学習します。人工知能は学習をもとに、放送予定の番組やビデオオンデマンドの膨大なコンテンツからおすすめコンテンツを、学習した嗜好や地域、時間に合わせて、今この瞬間に合うコンテンツを見つけ出します。

■ 人感センサー搭載、近づくと挨拶してテレビ起動
本機に人が近づくと、人感センサーが人を検知して、内蔵スピーカーから音声で挨拶をします。接続した「AQUOS」の電源を本機が起動させ、おすすめ番組を表示し、おすすめの理由や季節に合った発話で番組との出会いを作ります。これまでのように見たい番組を探すのではなく、リモコンを持つ前に本機に近づくだけで話しかけ、見つけておいたおすすめ番組を教えてくれます。

■ Android TV 搭載
本機はテレビへの表示や操作方法などが最適化された Android TV を搭載しており、Google アカウントを本機に入力することで、ビデオオンデマンド(VOD)、ゲーム、生活情報などのテレビ向けアプリケーションが多数そろう Google Play ストアから、自由にアプリをダウンロードしてお楽しみいただけます。

■ AQUOS との連携機能搭載
本機に同梱したリモコンひとつで、本機とテレビ「AQUOS」、「AQUOS ブルーレイ」などの「AQUOS ファミリンク」機能に対応した機器を操作できます。操作する機器のリモコンに持ち替える必要がないので、画面の切り替えもスムーズに行えます。

■ 発売日、価格、対応機種
2016年6月10日(金)発売、価格はオープンとしていますが2万円程度で販売される見通しです。本製品はシャープが販売しているテレビ「AQUOS (アクオス)」シリーズに接続して利用するものです。2016年以降のモデルとなる「XD45」「US40」「U40」シリーズが対応機種となります。

ネットプレイヤー AN-NP40 – SHARP
http://www.sharp.co.jp/aquos/netplayer/




Posted by GPad   @   2016年6月10日 金曜日 4 comments
Tags : , ,

4 Comments

Comments
4月 21, 2016
20:27
#1 匿名 :

彼女来たときに隠してるアニオタ情報音声で教えられたら終わる。

4月 21, 2016
22:17
#2 匿名 :

リモコンにタッチパッドとか付いて無いのかな?

4月 23, 2016
21:20
#3 匿名 :

人感センサーみたいなのいらないから通常のAndroid TVハブでいいんだが‥

6月 10, 2016
08:09
#4 っs :

似たものが結構でている。

Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»