ピーアップ、Android 7.0 テンキー搭載二つ折りフィーチャーフォンデザイン 3.5インチスマートフォン「Mode1 RETRO」登場、9月25日発売

Filed in Phone - 電話 0 comments

P-UP Mode1 RETRO (MD-02P)

携帯販売ショップテルル運営のピーアップ、同社ブランド2機種目 Android 搭載 SIM ロックフリー端末「Mode1 RETRO (MD-02P)」登場。フィーチャーフォン型の二つ折りクラムシェルデザイン採用。価格19,900円(税別)で2017年9月25日発売。

■ スペック

  • 型番: MD-02P
  • OS: Android 7.0 Nougat
  • CPU: MediaTek MT6737M Quad-core processor 1.1GHz
  • GPU: Mali-T720 MP2
  • RAM: 2GB
  • ROM: 16GB
  • サイズ: 120×56×18.1mm
  • 重量: 141g
  • ディスプレイ: 3.5インチ IPS 液晶 マルチタッチ 静電容量式 + モノクロ TNT サブディスプレイ
  • 解像度: 800×480 WVGA + 32×109 (サブディスプレイ)
  • カメラ: 8MP(背面 CMOS) LED フラッシュ付き 2MP(前面 CMOS)
  • ネットワーク: FDD-LTE(Bands 1, 3, 8, 19) W-CDMA(Bands 1, 6, 8) GSM(850/900/1800/1900MHz)
  • パケット通信: LTE Cat.4, HSPA+, EDGE, GPRS
  • SIM Slot: nanoSIM
  • 通信: WiFi 802.11 a/b/g/n, Bluetooth 4.1
  • センサー: GPS, Gセンサー, 近接センサー, 光センサー
  • 外部端子: microSD(Max 32GB), microUSB, 3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー: 1650Ah (取り外し可能)
  • 筐体カラー: ブラック、ホワイト
  • その他: テンキー搭載、Google Play 対応、SIM ロックフリー

携帯電話などを販売する総合デジタルショップ「テルル」などを運営するピーアップは、2017年6月に告知していた同社として2機種目となるオリジナルブランドの SIM ロックフリー端末「Mode1 RETRO (モードワン・レトロ)」を正式発表。2017年9月下旬に発売予定。

ピーアップでは2016年4月20日に、同社として初となる Android 5.1 搭載の5インチ SIM ロックフリースマートフォン「Mode1 (MD-01P)」発売しています。今回、正式された「Mode1 RETRO」の型番は「MD-02P」となっており、後継機的な製品となっています。

Android 7.0 Nougat OS にクアッドコアプロセッサ MT6737M を採用。フィーチャーフォンデザインの二つ折り(クラムシェル)デザインで、テンキーを備えています。リア(背面)にはメール着信や時刻表示が可能なモノクロサブディスプレイを搭載。

Mode1 ブランドの特徴でもカーボンテクスチャーに対し、木目が調和。 ​共存が難しい2つのテクスチャーをバランスよく組み込むことで、今回のプロダクトコンセプトに準じたデザインとなっています。筐体カラーはブラック (Black) とホワイト (White) の2種類。価格の案内はまだ行われていません。

■ 追加情報 2017年9月22日
2017年6月に製品告知を行い、9月8日に製品発表したAndroid 7.0 テンキー搭載二つ折りフィーチャーフォンデザイン 3.5インチスマートフォン「Mode1 RETRO」の発売日決定。当初、9月下旬と案内されていましたが、9月25日(月)に価格19,900円(税別)で販売が開始されます。

Mode1 RETRO – P-UP
http://mode1.jp/md02p




Posted by GPad   @   2017年9月25日 月曜日 0 comments
Tags : , , , , ,

0 Comments

No comments yet. Be the first to leave a comment !
Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»