ファーウェイ・ジャパン、Kirin 980 やトリプル Leica カメラ搭載ノッチディスプレイ 6.39インチスマートフォン「Mate 20 Pro」登場、価格111,800円で11月30日発売

Filed in Phone - 電話 6 comments

Huawei Japan Mate 20 Pro

ファーウェイ・ジャパン、オクタコアプロセッサ Kirin 980 トリプルカメラ搭載の6.39インチスマートフォン「Mate 20 Pro」日本発売発表。ノッチディスプレイ最新 OS Android 9 Pie 採用ハイスペックモデル。価格111,800円(税別)で2018年11月30日発売。

■ スペック

  • 型番: LYA-L29
  • OS: Android 9.0 Pie
  • CPU: Hisilicon Kirin 980 Octa-core (2 x Cortex A76 2.6 GHz + 2 x Cortex A76 1.92 GHz + 4 x Cortex A55 1.8 GHz)
  • GPU: Mali-G76 GPU Turbo
  • RAM: 6GB
  • ROM: 128GB
  • サイズ: 158×72×8.6mm
  • 重量: 189g
  • ディスプレイ: 6.39インチ OLED マルチタッチ 静電容量式
  • 解像度: 3120×1440 QHD+ (538ppi)
  • アスペクト比: 19.5:9
  • UI: EMUI 9.0
  • カメラ: 40MP + 20MP + 8MP (背面 Wide 27mm F1.8 + Ultra Wide 16mm F2.2 + Tele 80mm F2.4) LED フラッシュ付き 24MP(前面 CMOS F2.0)
  • ネットワーク: FDD-LTE(Band 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28) TDD-LTE(Bands 34/38/39/40/41) W-CDMA(Bands 1/2/4/5/6/8/19) TD-SCDMA(Bands 34/39) GSM(850/900/1800/1900MHz)
  • パケット通信: LTE, HSPA+, EDGE, GPRS
  • SIM Slot: nanoSIM x2 (Dual-SIM)
  • 通信: WiFi 802.11 a/b/g/n/ac, Bluetooth 5.0
  • センサー: GPS, Gセンサー, 近接センサー, 光センサー, デジタルコンパス, ジャイロスコープ, 指紋センサー, NFC
  • 外部端子: microSD(Max 256GB), USB Type-C, 3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー: 4200mAh (取外し不可)
  • 筐体カラー: ミッドナイトブルー、トワイライト
  • その他: 防水防塵(IP68)、VoLTE、急速充電、ワイヤレス充電、顔認証、ハイレゾ再生対応

※ SIM カードスロットは NM Card に対応。

ファーウェイ・ジャパン、同社初となる仕様を盛り込んだハイスペックな6.39インチスマートフォン「Mate 20 Pro」の日本国内発売を正式発表。Android 9.0 Pie オクタコアプロセッサ Kirin 980 に加え、リア(背面)に4000万画素と1600万画素、800万画素のトリプル(3つ)のカメラを搭載したフラグシップモデル。

日本で販売されるのは筐体カラーミッドナイトブルー (Midnight Blue)トワイライト (Twilight) の2種類。海外では RAM 8GB ストレージ 256GB モデルも発表されていましたが、国内では RAM 6GB ストレージ 128GB モデルのみとなります。価格は111,800円(税別)で2018年11月30日発売。家電量販店や MVNO などにて取扱。

フロント(前面)の6.39インチ、19.5:9 の OLED 高精細大画面 2K+(3120×1440ドット)ディスプレイ採用。本体は持つのに適した角度でカーブを施し、手に馴染みやすく、片手でも持ちやすくなっています。また、ミッドナイトブルーは傷や指紋がつきにく、滑りにくいハイパー・オプティカル・パターン加工を施しています。

製品の特徴となっているリア(背面)のカメラは、2016年から戦略的パートナーシップを結んできた Leica (ライカ) 社との共同開発によるトリプルカメラが更に進化し、16mm の超広角レンズを搭載。この超広角レンズでスマートフォンでも画角の広い写真が誰でも簡単に撮影可能。3つのレンズは2000万画素の超広角レンズ(16mm, f/2.2)の他に、4000万画素の広角レンズ(27mm, f/1.8)、そして約800万画素の3倍光学望遠レンズ(80mm, f/2.4)を搭載。超広角だけでなくマクロ撮影にも対応しており、最大 2.5cm まで接近できる迫力のある写真撮影が可能。

Hisilicon チップセット「Kirin 980」は世界初の 7nm プロセスで AI プロセッサ NPU をデュアルコアで搭載するとしています。既存のフラグシップモデル向け SoC に比べ大幅に性能と電力効率が向上しています。接続端子は USB Type-C を採用し、Qi でのワイヤレス充電「Reverse Charge」に対応で、ワイヤレスで他の端末へ電力供給が可能です。

SIM スロットは nanoSIM サイズでデュアル SIM (DSDS) に対応する他、世界初となる nanoSIM カードサイズのメモリーカード「NM Card」にも対応。NM Card は microSD カードよりも本体サイズが小さいのに 90MB/sec 速度で 256GB までの容量に対応します。

バッテリーの容量は大容量の 4200mAh を搭載し、AI の機械学習による最適化で、これまでにない電池持ちを実現しています。これにより、日常的な使用はもちろんのこと、ビジネスユースからエンターテインメントまで従来品よりも電池持ちを気にすることなく楽しむことができます。さらに付属の AC アダプタを用いて充電すれば 40W HUAWEI スーパーチャージが約30分の充電で約70%充電することを可能に。

Mate 20 Pro – HUAWEI Japan
https://consumer.huawei.com/jp/phones/mate20-pro/




Posted by GPad   @   2018年11月30日 金曜日 6 comments
Tags : , , , , , , , , , ,

関連記事 - Related Posts

6 Comments

Comments
11月 28, 2018
20:09
#1 匿名 :

いい加減Felica対応も付けてくれんかな

11月 30, 2018
17:50
#2 匿名 :

スマホケースに定期入れればいいじゃん

日本よりも、はるかにキャッシュレスが進んだ各国で採用されてないんだから、もうFelicaとか終わった規格にこだわるのやめたら?

11月 30, 2018
18:38
#3 匿名 :

スマホケースを手帳型にすると重くてかさばるし、開け閉めも面倒なんだよね。
財布出さなくて便利だしやっぱFelicaは欲しいよ。

11月 30, 2018
22:27
#4 匿名 :

グローバル版の仕様にFeliCaを取り込めるよう頑張ってるらしいけど、いつになることやら
今回ソフトバンク版Mate 20 Proも対応させてないし、ドコモのP20 Proはある意味貴重かな

11月 30, 2018
22:58
#5 匿名 :

1年のうち大半を海外で過ごす人、とかなら決済方法を海外方式に合わせてもいいけどさ、
日本人が一般的に国内で決済するのにわざわざアリペイやウィーチャットペイを利用するかという話。(仮想通貨もしかり)
海外がどうであれ、日本国内でおサイフやアップルペイが使えるスマホが6割以上普及してる以上はそっちに従うべきなのでは。
appleがわざわざ日本においてソニー規格のFelicaを採用するに至ったその訳を考えてみるのもよき。
Felica利用率が低いのは周知の事実だが、インフラ投資の周期から考えても大阪万博あたりまではおサイフやアップルペイを使わざるを得ないのが日本でしょう。

12月 4, 2018
00:55
#6 匿名 :

乱立気味で使いにくいQR決済の日本での将来性に疑問を感じる
国内の決済事情が違う中国と比較するのもおかしいと思わないかな?

Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»