レノボ、世界初 AR や VR プラットフォーム対応 3D カメラ搭載 6.4インチスマートフォン「PHAB2 Pro」発表、価格499ドル(約54,000円)

Filed in Phone - 電話 3 comments

Lenovo Tango smartphone PHAB2 Pro

レノボ、AR や VR プラットフォームとなる Google Tango に対応した世界初の市販品モデルとなる 3D カメラ搭載の大型6.4インチスマートフォン「PHAB2 Pro」発表。Android 6.0 オクタコアプロセッサ搭載で2016年9月より価格499ドル(約54,000円)で発売。

■ スペック

  • OS: Android 6.0 Marshmallow
  • CPU: Qualcomm Snapdragon 652 (MSM8976) Octa-core 1.8GHz
  • GPU: Adreno 510
  • RAM: 4GB
  • ROM: 64GB
  • サイズ: 179.83×88.57×10.7mm (最薄部 6.96mm)
  • 重量: 259g
  • ディスプレイ: 6.4インチ IPS 液晶 マルチタッチ 静電容量式
  • 解像度: 2560×1440 WQHD (459ppi)
  • カメラ: 16MP(背面 CMOS) LED フラッシュ付き 8MP(前面 CMOS F2.2)
  • ネットワーク: FDD-LTE / TDD-LTE / W-CDMA / GSM
  • パケット通信: LTE Cat.4, HSPA+, EDGE, GPRS
  • SIM Slot: microSIM + nanoSIM (Dual-SIM)
  • 通信: WiFi 802.11 a/b/g/n/ac, Bluetooth 4.0
  • センサー: GPS, Gセンサー, 近接センサー, 光センサー, デジタルコンパス, ジャイロスコープ, 指紋センサー
  • 外部端子: microSD, microUSB, 3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー: 4050mAh
  • その他: Google Tango (AR/VR)、Dolby Atmos 5.1 Audio Capture、急速充電、SIM デュアルスタンバイ対応

※ nanoSIM スロットは microSD カードと共用となります。
※ 型番や販売地域により対応ネットワークが異なります。

レノボ、2016年1月に予告していたグーグルと共同開発の AR (Augmented Reality / 拡張現実) や VR (仮想現実 / Virtual Reality) プラットフォーム Google Tango に対応した世界初の市販モデルとなるスマートフォン「PHAB2 Pro (ファブツー・プロ)」発表。9月以降より米国にて価格499ドル(約54,000円)で発売。米国以外でのグローバル販売も予定。

「PHAB2 Pro」の一番の特徴はグーグルが開発した 3D (AR/VR) プラットフォーム「Google Tango (グーグル・タンゴ)」に対応する点で、リア(背面)に 3つのカメラを備えます。1つめは通常のスマートフォンと同じ RGB の1600万画素 CMOS カメラ。

次に一番の目玉とされる 3D カメラ(深度測定と赤外線を内蔵)です。3D カメラにより空間深度の測定が可能。3D マッピングのような機能が備わっており、3次元での映像測定を行えます。3つ目は、モーショントラッキングカメラで、これら3つのカメラを組み合わせることで AR/VR 処理が可能となります。

メインスペックは Android 6.0 に 64bit 対応オクタコアプロセッサ Snapdargon 652 や RAM 4GB を搭載。マルチメディアにも優れた製品となっておりスマートフォンとしては世界初となる Dolby Atmos 5.1 Audio Capture や360度ボイス・ノイズキャンセリングに対応。下り最大 150Mbps 上り最大 50Mbps の LTE Cat.4 通信に対応します。SIM スロットは microSIM と nanoSIM で、nanoSIM スロットは microSD カードと共用です。

LTE の対応ネットワークは EMEA (Europe, the Middle East and Africa) 向けが FDD-LTE(Bands 1, 2, 3, 5, 7, 8, 20) TDD-LTE(Bands 38, 40, 41)、北米向けが FDD-LTE(Bands 1, 2, 3, 5, 7, 12, 13, 17)、中国向けが FDD-LTE(Bands 1, 2, 3, 7) TDD-LTE(Bands 38, 39, 40, 41) となっています。

尚、レノボでは「PHAB2」シリーズとなるスマートフォンを全部で3機種発表。「Google Tango」に対応するのは「PHAB2 Pro」のみで、その他に「PHAB2」と「PHAB2 Plus」が発表されています。6.4インチの大型画面を採用した Dolby Atmos 5.1 Audio Capture 対応のファブレットスマートフォンとして販売されます。

■ 追加情報 2016年9月27日
「PHAB2 PRO」日本市場での販売が正式発表。SIM ロックフリースマートフォンとして2016年11月以降より価格49,800円(税別)で発売。(詳細

PHAB2 Pro – Lenovo
http://shop.lenovo.com/us/en/tango/




Posted by GPad   @   2016年6月10日 金曜日 3 comments
Tags : , , , , , , ,

関連記事 - Related Posts

3 Comments

Comments
6月 10, 2016
12:58
#1 っs :

まず使ってみたいね

3月 31, 2017
17:41

PHAB2 ProってLenovoのページによるとNFCついてないっぽい。

3月 31, 2017
19:13
#3 GPad :

TakashiSasaki 様
ご指摘有難うございます。
スペック表を訂正いたしました。
誤りがあり申し訳ありません。 m(_ _)m

Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»