群馬県下仁田町、全世帯にスマートフォン無償貸与、端末はツタヤを運営する CCC が提供する Freebit 製「TONE (m14)」

Filed in Topic - トピック 4 comments

Shimonita smartphone lent to all households

群馬県下仁田町は、高齢者の防災や見守り、健康維持に活用する事業として、ツタヤを運営する CCC (カルチュア・コンビニエンス・クラブ) と協力しスマートフォン「TONE (m14)」を全世帯に無償貸与開始。1人暮らしや高齢夫婦世帯などに計285台の端末を配布。

群馬県下仁田町はレンタル事業などを行うツタヤを運営するCCC (カルチュア・コンビニエンス・クラブ) の関連会社となる、自治体向けスマホ販売企画「ふるさとスマホ」のポイントサービス事業「Tポイント・ジャパン」と協定を結び、町内各世帯に1台ずつ貸し出すサービスを開始。

この取組自体は2015年7月28日に地方自治体向けのスマートフォンを活用した取り組みの合同発表あり「スマホ(株)」に照会したのがスタートです。高齢者の防災や見守り、健康維持に活用を目的とし、2015年11月18日に下仁田町と、ふるさとすまほ(株)、Tポイント・ジャパンの三社で協定が締結されました。

貸し出される端末はトーン・モバイルが提供している Freebit (フリービット) 製の5.5インチスマートフォン「TONE (m14)」となります。端末を使用することでツタヤのTポイントが貯まる機能なども搭載。町民は無償貸与されますが、端末代1台2万円、通信費は1台当たり月額1,000円が見込みこまれ、民間企業に資金を提供してもらい個人負担を軽減しています。

ふるさとスマホ協定 – 群馬県下仁田町
http://www.town.shimonita.lg.jp/

高齢者に配布し実証実験 – 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160327/k00/00e/040/179000c

トーンモバイル、Tのスマートフォン「TONE」 – GPad
http://gpad.tv/phone/tone-mobile-tsutaya-freebit/




Posted by GPad   @   2016年3月27日 日曜日 4 comments
Tags : ,

関連記事 - Related Posts

4 Comments

Comments
3月 27, 2016
16:08
#1 匿名 :

TONEスマホって最新モデルが去年発売のm15ですよね?ということはその前の世代が2万円で提供!?すごい商売だwさすがCCCは俺たちにできない事を平然とやってのける、そこにシビれる!あこがれるゥ!

3月 27, 2016
21:46
#2 ナナオA :

樋渡啓祐氏は武雄市図書館でCCCと蜜月な関係を持ち、ふるさとスマホの代表取締役社長になった方です。

3月 27, 2016
23:42
#3 匿名 :

なんかあまり話題にならないようにこっそりやってる感じがしますね。

3月 28, 2016
15:13
#4 匿名 :

またTSUTAYAかよ…
CCCは自治体と仲がいいことw

Leave a Comment

名前 (Name) が空欄だと「匿名」になり、コメント反映に時間がかかります。名前を入れると投稿後もコメントの編集や削除が可能です。Email は入力しても表示されません。コメントは1度の投稿で【300文字】までとなります。

Previous Post
«
Next Post
»